シニア犬との上手な暮らし方 知っておきたい知識と気を付けること

ニア犬は生後7~8年あたりから

「シニア犬」は、一般的に生後7~8年あたりからと言われています。


近年、犬の寿命は、「環境の変化」「ペットフードの進化」で昔と比べ大幅に伸びつつあります。「シニア犬」といってもまだまだ元気で、昔からの「シニア犬」と言われる年齢も伸びつつあります。とはいえ、生き物であるからには、私たち人間も犬も年を取り、いつかは「シニア期」にはいります。今から、「シニア犬」との暮らしについての知識と注意点をご紹介します。

愛犬の変化を見極めよう(老化現象)

ワンちゃん(犬)は私達人間より約5倍から7倍ほどの成長スピードで歳を取ります。

犬の年齢と人間の年齢に関する 過去動画 参考

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

愛犬は今何歳なの!?人間の人間の年齢とワンちゃん(犬)の年齢はどれぐらい違うのか?

 

化現象かな?と疑われる行動


  • 呼びかけの反応が鈍い
  • トイレでおしっこが出来ていたのに、最近よく失敗するようになった。
  • 散歩に行きたがらない。
  • 走り回るのが、辛そう
  • 階段や段差を飛び越えられなくなった。
  • 食欲にムラがある。
  • 突然怒り出す(いきなり吠える)
  • 筋肉が落ちてくる
  • 飼い主の行動を前より気にするようになる。
  • 散歩中に突然動けなくなることがある。
  • 遊んでいても反応が鈍い
  • いつも寝ている。

ほかにもいろんな行動・症状がみられますが、シニア期になると様々な若い頃と違った行動が見られます。生後約7年から8年を過ぎたころから、注意して行動を見守ってあげてください。

シニア犬が幸せに暮らせるためには

食細りは食べづらさが原因かもしれません。

老犬になってくると、噛む力や飲み込む力・嗅覚が弱くなります。

「いつものフードをあまり食べてくれない」「食べるときと食べない時がある」などある時は、食べづらさが原因かもしれません。フードに少しの工夫をするだけでも食欲がアップします。

老犬に食べやすい高さ・角度を考えてあげよう

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【犬 猫 食器台】 iDog Living Keat Extra キートエキスト…
価格:3294円(税込、送料別) (2018/8/12時点)

老犬になってくると、首周りの筋肉が弱まり下方向へ向くのが辛くなってきます。食器をワンちゃんの食べやすい方向へ置くことで、食欲が増します。

老犬に快適な生活環境が長生きの秘訣

シニア犬にとって生活する場所が快適であればそれだけ精神的にも安定し、「長生きの秘訣と言えます。」

老犬に安全な生活環境

シニア犬は、老化によって五感が衰えてきます。家具などにぶつかりやすくなったり危険なものを見分けられにくくなってきます。なるべく、危険なものは遠ざけ、家具などはより安全に配置してあげてください。

また、ワンちゃんの歩く床などの材質はなるべく滑りにくいものを使い、フローリング等ならば、滑りにくいコルクマットやタイルマットをひいて転んで「ケガ」などをしないように配慮しましょう。

階段・段差など

若いころには、平気で上り下りしていた階段や段差などもシニア犬にとっては、障害になってしまいます。なるべく階段は使わせないように柵を設けるなどをして、脱臼やケガの防止をしましょう。

 

いつでも動物病院に連れていける準備をしておく

シニア犬になると、病気などにかかりやすく獣医さんのお世話になることも多いと思います。病気になったとき慌てないように、キャリーなどを準備しておきすぐに動物病院に連れて行けるようにしておきましょう。

 

温度変化に気を付ける

シニア犬は若かったころに比べ体温調節が出来なくなってきます。夏場などは熱中症などにかかりやすく注意が必要です。飼い主自身が大丈夫だと思う温度でも、ワンちゃんが暑そうであればエアコン等で温度を調節してあげてください。

 

家族といつも一緒に入れる環境を作りましょう。

シニア犬になると、自身も不安なのか飼い主に対する依存度が大きくなります。もし、ケージが離れたところや屋外にある場合は、家族がいつも一緒にいる場所に移動してあげましょう。飼い主の家族といつも一緒にいることで精神的に安心して穏やかに暮らせるようになります。

 

まとめ

愛犬も年を重ね少しづつ体力も落ちてきて、歩くのも困難になってきます。

体力が落ちてきた愛犬に「少しでもあるかせてあげたい」「ちょっとでも食べてくれないかな」ずっと小さなころから見てきた飼い主さんなら皆さん思う事でしょう。

家族のやさしさや愛情はそのままワンちゃんに伝わり、それだけで安心して眠れたり笑顔がふえ元気になります。また、フードにちょっとしたフードにアレンジを加えるだけであまり食べなかったワンちゃんの食いつきがよくなったりもします。

愛犬ともっとずっと一緒に暮らせるように、ワンちゃんの生活環境を見直してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です