老犬の目が白く濁っていく病気 「白内障」の「原因」「症状」と「対処法」

犬がかかる白内障とは

目の水晶体が白く濁って視力が低下していく病気です。軽度の場合、水晶体の奥のほうが濁っている場合は、症状がほとんど出ないため、ご家族が気づきにくい病気のひとつです。軽度の場合は、視力が低下することもありますが、片目だけの場合は、歩行には支障はありません。

白内障の原因

白内障には遺伝性による、「原発性白内障」と老化や糖尿病・目の外傷等の外的要因による「後天性白内障」の2種類あります。

ルテイン配合!愛犬用サプリメント 『gelee WANアイケア』



原発性白内障

若年齢で発症する場合は、遺伝的素因が大きいと考えられます。

◎トイ・プードル
◎ゴールデンレトリーバー
◎ミニチュアシュナウザー
◎ビーグル
◎シー・ズー
◎柴犬
◎キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
◎ミニチュアダックスフンド
◎パグ
◎ヨークシャテリア

後天性白内障

6歳以上で発症する場合は老齢によるものと考えられます。突発的に発症する場合は、糖尿病や中毒・目の外傷によっても起こることがあります。

次のページは、白内障の症状と治療方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です