愛犬がしきりに耳を掻いていたら!?外耳炎の症状と対処法

の外耳炎とは!?

特にたれ耳のワンちゃんに多いといわれる「外耳炎」はどんな病気でしょうか?今回はワンちゃんがなりやすい病気のひとつ「外耳炎」についてご紹介します。

「外耳炎」になっているワンちゃん(犬)の特徴

  • ベトベトしたにおいのある耳垢がたまる。
  • しきりに耳を掻く
  • 頭を良く振る。
  • 触れられるのを嫌がる(特に耳)
  • 耳の皮膚が腫れたり、厚くなる。
  • 耳を痛がる
耳に激しいかゆみや痛みを伴うために、しきりに耳を掻くようになります。激しく頭を振る行動や、痛みがあるため耳を触れられるのを嫌がります。炎症が慢性化してくると、耳の皮膚が腫れてしまい厚くなり外耳道(耳の入り口から鼓膜までのこと)がふさがれてしまう場合もあります。

外耳炎の原因

好発犬種による発症(遺伝)


外耳炎の好発犬種
  • 柴犬
  • ミニチュアダックスフンド
  • ゴールデンレトリーバー
  • ラブラドールレトリーバー
  • アメリカンコッカースパニエル
  • シー・ズーなど 垂れ耳の犬種

アレルギーによるもの

アトピー性皮膚炎などのアレルギーの症状によって耳の中に現れます。

全身性の皮膚病に併発して起こる場合

脂漏症(しろうしょう)という皮膚病によっておこることがあります。

真菌の繁殖などによるもの

マラセチア菌という真菌が繁殖している可能性があります。この菌は、普段から犬の身体に常に存在します。抵抗力の低下や湿度の高さなどで真菌が異常繁殖し、それにアレルギーが反応します。耳の中がジメジメして湿っている環境は、マラセチア菌が好む環境で炎症を起こしやすいといえます。

ダニによるもの

ミミヒゼンダニという耳ダニが原因の場合もあります。0.3mmほどの体長で外耳道の中に寄生します。耳垢を食べて成長繁殖します。犬同士の接触で感染するといわれています。

耳の腫瘍が原因によるもの

腫瘍の初期では耳の一部分が腫れあがり固いしこりができます。腫瘍の症状が進んでくると化膿して耳の中からにおいが出て、腫瘍でふさがってきます。これが原因で外耳炎になります。

次のページは、外耳炎の治療方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です