「風邪」のような症状!?ケンネルコフの症状と予防

ンネルコフの症状

ケンネルとは、「犬舎」とか「犬小屋」という意味で、たくさんのワンちゃんが生活しているペットショップやブリーダーさんの犬舎などで多く発生する風邪のような症状が見られる感染症です。元気な様子で、食欲も通常通り食べられます。発熱もありますが、微熱程度です。特に子犬だとよく動き回るので病気に気づかないことが多いと思います。

 

 

ケンネルコフの症状は痰の絡まない乾た「ゴホゴホ」という咳から始まり、興奮した後や走り回ったりして運動した後に咳き込むことが多く見られます。動物病院などで、軽く気管を触診しただけでも、咳の発作が起こることが多くあります。症状が重くなると、膿のような鼻水がでて食欲が落ちて肺炎になることがあります。

  • 食欲は正常な場合が多い。
  • ドロッとした鼻水が出ることがある。
  • 軽い発熱が見られる。
  • 「興奮した後」や「運動した後」に発作的に咳き込むことがある。
  • 咳き込んで吐いてしまう場合もある。
  • 短い乾いた咳が特徴。

ケンネルコフの原因

感染している犬の咳やくしゃみでうつります。感染の原因になるのは、ウイルスや細菌、微生物で、これらの感染源が単独、または混合して感染して発症します。

  • 犬パラインフルエンザ
  • アデノウイルスⅡ型
  • 犬パラミクソウイルスなど

これらのウイルスにひとつまたは二つ以上感染します。

 

ケンネルコフの予防方法

混合ワクチンを1年に1回接種することで高い予防効果が期待できます。

多くの犬が集まるような場所で感染の可能性が高いので、体調がよくない場合は避ける方が無難です。空気感染をする可能性があります。環境の消毒は、天井まで含めて広い範囲で行う必要があります。

ペットにもやさしい、次亜塩素酸ナトリウム除菌消臭剤【 SEGRICO (セグリコ) 】



ケンネルコフの治療方法

原因になっているのが細菌やマイコプラズマの場合は、抗生物質を使用します。薬はネブライザーという吸入器を使用します。

抗生物質に気管支拡張剤を混ぜて吸入させると咳の症状も同時にやわらげることができます。

合併症が起きてなければ、輸液や、抗生物質の投与、食事制限により一週間程度で回復することがほとんどです。また、症状が強く脱水症状を起こしている場合は、パルボウイルスや細菌などの混合感染の可能性があるため、適切は処置が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です