愛犬が発熱!犬の体温計の測り方と考えられる病気 

犬の平熱は何度?

犬の平熱は、38度から38.5度で、人間よりも高いので、体を触ってもいつも温かいので発熱があっても分かりにくいものです。

また、ワンちゃんは発熱があってからだが辛くても訴えることができません。ワンちゃんの様子が普段と違っていないか観察するのが大切になってきます。

発熱時の犬の様子

  • 元気がない
  • 呼吸が早くなる
  • おしっこの色が普段より濃くなる
  • おしっこの量が減る
  • 舌の色がいつもより赤い
  • 床が冷たい場所で寝るようになった。

 

体温の測りかた

  • 慣れないうちは、暴れる可能性があるので、なるべく二人で行った方がよいでしょう。
  • 二人のうち一人が、ワンちゃんを暴れないように支えます。おやつなどを与えてもOKです。
  • 肛門の位置を確認します。
  • いきなり肛門に体温計をいれようとすると肛門をすぼめてしまうので、左手で尻尾の付け根をつかんで持ち上げます。
  • すると、肛門が自然に開くので、体温計を差し込みます。
  • 約3センチから5センチほど入れます。このとき、暴れるかもしれないので、話しかけながら優しく押さえてあげてください。

初回7日分が税込100円!定期コース愛犬サプリメント『gelee WAN乳酸菌』



体温を測るときのポイント

①排便後に計りましょう。

排便前だと、うんちがあるためスムーズに体温計が入りにくく、また、正確な体温が測れません。まず、排便をさせてから体温を測りましょう。

②落ち着いている様子の時に測りましょう。

遊んでいるときや興奮ぎみなときは、一時的に体温が高くなります。ハウスで、休ませて落ち着いたあとに体温を測りましょう。

③体温計の滑りをよくしましょう。

体温計の滑りが悪いとワンちゃんが痛かったりむずむずして暴れたりするかもしれません。体温計の先にワセリンやベビーオイルなどを塗ると肛門に入りやすくなるので、おすすめです。

④熱が高いばあいは、何度か測ってみる。

よく動くワンちゃんは熱がよく変動します。一旦測って熱が高くても、落ち着くと熱が下がる場合があります。何度か時間をおいて測ってみましょう。

次のページは愛犬の発熱時の対処法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です