目やにの色で健康状態がわかる!!「犬の目やに」のチェック方法

愛犬のお手入れをするとき、「目やに」も綺麗にしてあげていますか?

この「目やに」の色で愛犬の健康状態がわかるんです。

今回はお手入れ時における目やにのチェック方法と綺麗なふき取り方をご紹介します。

の目やにって?

Conjunctivitis
「目やに」は新陳代謝でいらなくなった細胞やゴミなどが混ざり合ってできたものです。

通常、まばたきで、涙とともに眼球や結膜などにたまった老廃物やゴミが目頭(めがしら)に流れ落ちます。ただ、睡眠時は瞬きをしないために、「目やに」となって溜まってしまうのです。

犬の「目やに」のチェックの基準

目やにの状態:「白っぽい・黒っぽい」

特に心配はいらないと思いますが、いつもより目やにの量が多い場合などは目の異常のサインかもしれませんので、注意して観察してください。

考えられる病気
結膜炎
結膜というまぶたの裏にある場所が炎症している状態です。

痛みやかゆみを発症します。涙が多く出たり、目やにが多く出たりします。犬のしぐさ痒いので、前足で目をよく掻いたり、じゅうたんなどの床にこすりつけたりします。

愛犬のクリアな瞳の健康サポート『gelee WANアイケア』



結膜炎の治療法

目の周りの毛をカットします。目の周りの毛が目に入ることによって、ウイルスに感染している可能性があるからです。また、点眼薬が処方されると思います。


目やにの状態:少しネバネバしていて「黄色・緑色」

すこし膿が出ている状態です。色が黄色または緑色の場合は、何らかの病気の合図です。必ず獣医師の診断を受けてください。

考えられる病気
ドライアイ
目の大きなワンちゃんが特に多い症状で、涙が蒸発する速度が速いことで発症します。また、涙腺などに異常(ウイルス感染など)があり、涙を作ることが出来ずドライアイを引き起こしてしまうこともあります。 
ドライアイの症状
黄色っぽい目やにが目の周りを覆ってしまうほど出る。毛と目やにが目をふさぐこともある。
角膜が白っぽく濁る。

症状が進むと、角膜に穴が開くこともあり、早急な獣医の診断が必要。目が痒い・痛い 症状が出ます。

ルテイン配合!愛犬用サプリメント 『gelee WANアイケア』



ドライアイの治療法

ドライアイは継続的な治療が必要になります。治療としては点眼薬で目が乾かないようにするのですが、どうしても乾きやすく、毎日の目のチェックが必要です。普段から目やにを綺麗にして清潔な状態で点眼薬または軟膏を塗るようにしてください。

進行が進んで症状によっては手術になることもあります。早めの治療をお勧めします。

愛犬の目の病気の治療後に気を付けること痒いので前足で掻こうとすると思うのですが、掻いてしまうと、再びウイルス感染の恐れや、目を傷つけてしまう恐れがあります。掻かないように、エリザベスカラーを付けて、目を守ってあげてください。

目の周りは綺麗に手入れしてあげて清潔に・・。

目が大きく少し飛び出ている犬種は特に注意して見てあげてください。
(シーズ・パグ・ペキニーズ・チン・ブルドックなど)

ガーゼまたはコットンを濡らして「目やに」ふやかしてから、そっと取ってあげましょう。また、生理食塩水で洗い流してあげると効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です