高齢犬と穏やかに過ごすために 犬の老化にあわせた環境作り

の老化とサイン

ワンちゃんも7、8歳を過ぎれば老犬と呼ばれ心も体も衰えてきます。高齢になればさまざまな体調不良が起こってきます。

すべての動作がゆっくりになったり、反応が鈍くなるなどおこりますが、仕方のないことなので、温かく見守ってあげましょう。

犬の老化のサイン

耳が遠くなる 名前を読んだり、物音が鳴ってもあまり反応しないか、鈍くなります。
足腰が弱くなる 階段を上らなくなります。歩いていてもヨロヨロとして散歩にも行きたがりません。
トイレを失敗する お漏らしをしたり、頻尿ぎみになるためよくオシッコのポーズをします。
毛の色がうすくなる。 栄養分が被毛に行き渡らなくなるので色が退色してしまいます。ひげや頭頂部にも白い毛が混じりだします。
視力が落ちてくる。 視力が落ちてきます。家具にぶつかったり、今まで出来ていたボール遊びが出来なくなります。

愛犬のカラダの内側から健康サポート『gelee WAN乳酸菌』



バリアフリーを考えよう

老化の兆しがあってもなくても、これからのことを考えてバリアフリー化を考えましょう。

段差をなくそう。

老犬になってくると、運動能力だけでなく、視力も衰えてきます。今まで普通に越えていた小さな段差や階段でもつまずきやすくなります。

段差などには、ゴム性のマットを引いてスロープのようにしてあげるとよいでしょう。

照明を明るくしましょう。

視力が衰えてくるため、照明はあかるくしてあげましょう。

テーブルや家具の角にクッション材を貼るなどしてぶつかったときに怪我がないように配慮しましょう。

床に滑り止めを貼りましょう。

老化とは関係なくフローリングは脱臼や骨折のする原因になります。滑りやすい床には滑り止めを貼るか、業者によるフローリングに滑り止めの加工をして怪我の防止に努めましょう。

フローリングで遊ばせる危険についての記事はこちら

次のページは、フードを老犬用に変更しよう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です