犬の尿(おしっこ)の色や動作から考えられる病気!!「おしっこの動作」「色」「回数」「におい」

犬のしぐさと尿の状態から病気を見分ける

おしっこは、愛犬の健康状態を教えてくれる重要な情報源です。

排尿時の姿勢や回数、おしっこの量、出方や色、においなど日ごろから観察するようにしましょう。

おしっこのチェックのポイント


 
※毎日チェックして、いつもと違和感があるときは、注意深く観察してみましょう。

以下のようなおしっこの様子の場合は何らかの病気が隠れている可能性があります。動物病院の診察をおすすめします。

おしっこの「姿勢」 おしっこの姿勢を取っているのに出ないことがある
背中を丸めたり、後ろ足をひいた姿勢でおしっこをしている。
おしっこが勢いよく出ない。
おしっこの「匂い」 甘ったるいにおいがする。
いつもとは少し違う感じの匂いがする。
おしっこの「色」 無色透明のおしっこ
赤や茶褐色のおしっこ
おしっこが濁っている(オレンジ)
おしっこの「回数」

 いつも回数が多い。
いつもより回数が少ない。
ほとんどしない。
おしっこの「量」 最近おしっこの量や回数が増えた。 
おしっこの量が少なくなった。 

次のページは、犬のおしっこの状態からわかる様々な病気

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です