犬の「 糖尿病」 静かに進行する恐ろしい病気

犬の糖尿病とは

犬が生きていくには、必ずエネルギーが必要になります。このエネルギーは食べ物を消化して、ブドウ糖に分解します。

からだの細胞は、このブドウ糖を取り込みエネルギー源として利用します。しかし、さまざまな理由でブドウ糖が、エネルギーに分解されるプロセスがうまく働かないことがあります。そうなると、糖が血液中に滞在してしまい、どんどん溜まっていきます。

糖尿病とは、血液中に糖の濃度(血糖値)が異常に高くなる病気を糖尿病と言います。

糖尿病とブドウ糖

 

 

犬の血液のなかには、常に一定のブドウ糖が保たれています。常に血糖値は変動していて、体のなかに分泌される「グリコーゲン」「インスリン」で、つねに、血糖値を調節しています。

グリコーゲンとインスリン

 

グリコーゲン 肝臓に貯蔵されていて、空腹時など血糖値が下がったときに、排出されブドウ糖に分解されてから、血液中に供給されます。
インスリン すい臓の中にある「ランゲルハンス島」という細胞の集まりから分泌されるホルモンです。血糖値が上昇すると、分泌され血液中のブドウ糖を細胞にエネルギー源として送る働きをします。また、肝臓にブドウ糖からグリコーゲンに合成させる役割もインスリンがおこなっています。

低糖・低脂肪ドッグフード



糖尿病の初期症状

  • 多飲多尿(大量に飲みたくさん尿を出す)
  • たくさん食べているのに痩せていく。

糖尿病でもっとも特徴的な症状は、大量の水を飲んだり、たくさん尿を出すことです。

このような症状になる原因は、インスリンの分泌が少なくなったり、うまく機能しなくなることで、肝臓がブドウ糖を吸収しきれなくなり、大量の水分とともに尿として排出しようとします。(多尿)

尿として大量の水分が使用され、失われるため細胞が脱水状態になってしまい、喉が、乾くため、たくさん水を欲しがります。また、血液中にブドウ糖があってもインスリンが正常に働かないために、エネルギーとして吸収できないため、どんどん痩せていく状態になります。

次のページ「1型糖尿病」と「2型糖尿病」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です