「しきりに舐める」「ひっかく」「こすりつける」!?犬アトピー性皮膚炎の症状と対処法

人間には、「アトピー性皮膚炎」という、ひどいかゆみや皮膚が炎症を起こす皮膚病のことは、皆さんご存知だと思います。実は犬にも「犬アトピー性皮膚炎」という皮膚病があります。みなさんの愛犬は痒がって壁や床にこすりつけたり、前足で掻きむしったりしていませんか?もしかして「犬アトピー性皮膚炎」かもしれません。今回は「犬アトピー性皮膚炎」のことをご紹介します。

犬アトピー性皮膚炎の原因


  • 体の中には、侵入した異物(アレルゲン)を除去しようとする細胞の反応が強すぎて「血圧の低下」などが起きます。
  • それによって体は、血流が良くなる働きをします。突然大量の血液が流れるため体に異常が起き、皮膚のかゆみや呼吸器官の異常があわられます。これを「アレルギー反応」といいます。
皮膚には、体内に異物が侵入しないようにバリア出来る機能を持っています。

アトピー性皮膚炎とは、そのバリア機能が何らかの理由で損なわれて、「アレルゲン」と呼ばれるアレルギー起因物質が皮膚から吸収されて起こります。

愛犬の皮膚のために『ミネラルスパシャンプー』



アトピー性皮膚炎になったときの犬のしぐさ


  • 足先をなめる
  • 顔や目の周りをこする
  • 身体を壁や床にこすりつける

次のページは、犬アトピー性皮膚炎の症状

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です