犬がよく頭を振る!?それは外耳炎のサインかも!耳垢でわかる耳の異常

を振る行為は病気のサインかも!?

犬が何度も頭を振っていたら、耳に何らかの異常を抱えているサインかもしれません。頭を振るときは、さまざまな理由が考えられます。

カーミングシグナルの可能性

しつけの途中や怒られたときに頭を振っていたら、それは愛犬が気持ち表すしぐさ「カーミングシグナル」かもしれません。頭を振る行為は、怒られたりして興奮したりする落ち着かせようとするサインです。

愛犬の細かいしぐさを見逃さないで!!

カーミングシグナルのような場合も多く見られますが、特に目立つようなぐらい頭を振るしぐさがある場合は、耳に病気を疑ってみましょう。

耳に炎症が起きて分泌液や寄生虫など異物を耳の中から外に出そうとしたり、同時に耳の後ろを後足で掻こうとするしぐさを取る場合は、耳の病気の可能性があります。

動物看護師が開発した【ビオワンファイン】




愛犬が頭を振っていたら耳のチェックをしてみましょう。

  • 耳の中に白い粉状なものが動いて見えませんか?
  • 耳の中から悪臭がしませんか?
  • 耳垢が黒っぽい色をしていませんか?
  • 耳を触ると嫌がりませんか?

耳の病気で最も多いのは、外耳炎です。耳の入り口から鼓膜までの場所を外耳道と言います。その外耳道に溜まった耳垢が変質したり、細菌によって炎症が起こることを外耳炎と言います。

外耳炎になると耳垢が溜まりやすくなり、耳掃除をまめに行ってもすぐに耳垢が溜まり、また、かゆみを強く感じるため、耳を掻こうとします。また、ダニの一種「ミミヒゼンダニ」というダニの一種が寄生すると、耳垢が黒褐色になり、耳の奥を見ると、白い粉状なものが動いています。これが「ミミヒゼンダニ感染症」です。

次のページは、耳の病気を注意したい犬種!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です