食事やおやつに含まれるさまざまな物質!!犬の食物アレルギーの条件と食品リスト

なたの愛犬は大丈夫?食物アレルギーを生み出すフード

ドックフードを選ぶとき一番気を付けていることは何ですか?
値段?」「添加物?」「アレルギー性物質?
選ぶ基準はいろいろあると思いますが、やはり愛犬の健康にとって一番良いものを与えたいと思いますよね。

今回は「ドックフード」や「おやつ」の中に含まれる物質によって引き起こされる食物アレルギーをご紹介します。

食物アレルギーの症状

食物アレルギーの代表的な症状

    • 下痢
    • 嘔吐
    • 口の周りが痒がる(赤くなっている)
    • 顔全体が痒がる
    • 足の先端・太ももの付け根・わき・胸を痒がる
    • フケが出る
    • 抜け毛がめだつ(所々にハゲが出来る)

犬の食物アレルギーの症状は、下痢・嘔吐又は、下痢が主な症状になります。食物アレルギーによってかゆみが最初に出るのは顔です。食べたときに口の周りが痒くなり、それをこすって顔全体にかゆみが広がっていきます。

慢性化していくと、悪化していってかゆみは足先・ふともも・わき・胸に広がっていきます。また、「毛が抜けて少しハゲが出来た」、皮膚が赤くなっているなどの症状も見られます。

ドックフードなどに含まれるアレルギーを起こしやすい成分

アレルギーを起こしやすい成分

着色料  ・防腐剤  ・小麦  ・とうもろこし  ・オートミール  ・大豆

卵  ・馬肉  ・魚  ・豚肉  ・鶏肉など

 

食事(ドックフード)やおやつに含まれる、さまざまな物質に対するアレルギー反応で起こります。アレルギーを起こす成分としては、主にタンパク質(牛肉・鶏肉・魚・馬肉・卵・大豆)などと炭水化物(小麦・トウモロコシ・オートミールなど)があります。

また、防腐剤などに使われるエトキシキン、BHA,BHT,亜硝酸ナトリウムなどが原因で食物アレルギー・アトピー性皮膚炎などや、悪性腫瘍などになる可能性があります。

ペットフードは添加物の少ない安全なものを選びましょう

フードを選ぶときには無着色であるか、保存料は使っていないか?など必ずチェックしましょう。体に優しいフードはよけいな添加物は入っていません。特に着色料は人間が見ておいしそうと思うだけで、愛犬には全く関係のないものです。

おやつなども、原料が何で出来ているかなどが一目でチェックできるものを選びましょう。愛犬の身体に優しいものを選んであげましょう。

そのフード安全ですか?失敗しないペットフードの選び方

食物アレルギーの治療

食物アレルギーに対する治療では、薬では、あまり効果がみられません。基本的には、アレルギーの原因になっている物質を特定・摂取しないことが大事です。

食事療法

低アレルギー性の食事を食べさせることが基本となります。獣医師と相談しながら、今まで一度も食べたことがない種類のタンパク質と炭水化物又は、加水分解タンパクの低分子量法食を食べさせてアレルギー反応を見ます。

多くの場合は、かゆみが消えるのに2週間から1か月かかります。長くかかると2か月かかる場合もあります。

食物アレルギーのまとめ

犬にとって食物アレルギーはけっして軽くなく重症化すると命取りになる危険な症状です。ほとんどの犬はドックフードで食事をとっていると思います。アレルギーはそれぞれ犬によって違います。

ほかの犬があってるといっても自分の愛犬にあわない場合もあります。ドックフードを与えた後、愛犬のおなかの調子・体重の増減・毛つやなどの状態をよく観察することがポイントです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です