愛犬の自宅で出来る簡単健康チェック法!!「目」「耳」「口」「鼻」編

犬のお手入れ時にできる健康チェック法

愛犬を清潔に保つことは病気の予防にとても大切なことです。特に長毛種は手入れを怠ると、感染症や皮膚病などにかかりやすくなってしまいます。また、お手入れをすることで、病気の早期発見が出来ます。今回は、毎日のメンテナンス時にできる簡単健康チェック法をご紹介します。

目のお手入れ法

目ヤニが出ているときや涙が瞳からあふれている場合、ペット用の目ヤニシート(なければウェットティッシュ)などで優しくふき取ってあげてください。涙をそのまま放置すると、目の周りの毛が変色してしまう「涙やけ」を起こしてしまいます。

愛犬のクリアな瞳の健康サポート『gelee WANアイケア』



目のチェック方法

目をのぞき込んでみてください。目の周囲がきれいで、輝きのある瞳をしている状態が健康的な状態の目になります。次の状態は注意しましょう。

注意が必要な目の状態
  • 目の周囲が目ヤニなどで汚れている。
  • 目ヤニの色が普段と違う。(白っぽいヤニ)(ドライアイ・結膜炎・ブドウ膜炎など)
  • 目ヤニが膿状にねっとりとしている。
  • 白目が赤い。
  • 涙であふれて目が開けられない。

※普段と目の様子が違う場合は、少し様子を見て動物病院連れて行ってあげましょう。

次のページは、耳のお手入れ方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です