愛犬が「足を引きずる」「痛がる」犬椎間板ヘルニアの症状と治療法

私達人間でも「腰の病気」は嫌なものです。

皆さんは椎間板ヘルニアにはなったことがあるでしょうか?少し動いただけでも痛く、足もピリピリ痺れます・・この病気は人間だけではありません。ワンちゃん(犬)の病気でもあるのです。

今回は愛犬のつらい痛み「犬椎間板ヘルニア」のことをご紹介します。

ヘルニアの種類

ヘルニアとは体内に隙間があいて裂けているところから、内臓や臓器が飛び出してしまう症状のことを言います。ヘルニアは発生した身体の場所によって名前が変わります。

臍ヘルニア(さい)

お臍(へそ)に穴があき、そこから内臓が飛び出している状態です。特徴は「でべそ」を持っている子の多くがこの臍ヘルニア(へそ)をもっています。

かわいい「デベソ」実は怖い!!・・犬の臍ヘルニア

鼠径ヘルニア(そけい)

足の付け根(鼠径部)に何らかの原因で、臓器(腸・子宮・膀胱)などが、隙間にはまり込んで、圧迫されてしまい腸閉塞や最悪死亡する例もあります。特徴は、足の付け根に「ぽこっと」膨らみがあることです。

足の付け根が膨れてる!?鼠径ヘルニアの原因と治療法

椎間板(ついかんばん)ヘルニア

身体の中で中心の部分、背骨にある椎間板(ついかんばん)が何らかの負担によって潰れ、椎間板の組織が飛び出し背中の神経を圧迫してしまうことから、痛みが発生します特徴は、「かなり痛がること」です。

椎間板ヘルニアの原因

犬の背骨と背骨の間には、「クッション」のような組織を持った、「椎間板(ついかんばん)」と呼ばれる「軟骨組織」があります。椎間板は、弾力性がありクッションの役割をしています。急な動作や衝撃から背中を守る役割をしています。

その組織に外的圧力(交通事故・落下)など加わると椎間板は潰れてしまい、クッションの中にある、組織「髄核(ずいかく)」が飛び出してしまいます。そして、飛び出した髄核が、神経組織を圧迫し「強い痛み」や「麻痺」が発生します。

椎間板ヘルニアの初期症状

椎間板ヘルニアになっている犬は、腰に「激しい痛み」が出ています。早期発見は、今後の愛犬の人生を左右します。いつもと違う動きやしぐさを見極め、なるべく早急な対応をおすすめします。

  • イライラして、いつもより吠える
  • 食欲がない
  • 大好きなおやつも食べない
  • 歩くときはゆっくり歩く
  • 触らせようとしない(怒る)
  • 階段(段差)を上り下りしようとしない
  • いつも震えている

上記のような症状が出ているときは、「痛くて動けない」可能性があります。早急に獣医の診断を受けてください。

次のページは、椎間板ヘルニアになりやすい犬種

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です