ホントに怖い犬の「フィラリア」 症状と薬による予防

「プ~ン」

あのいやな音とともに・・
日本では、地域によって「蚊」が発生します。

私もよく刺されて痒い思いをしています。・・我々は痒いだけですが、犬にとって痒いだけでは済まされないのです。今回は、「蚊」によって感染する「フィラリア」のことをご紹介します。

ろしい犬フィラリア症


「フィラリア」とは、糸状虫と呼ばれている寄生虫で、犬に感染するのを「犬フィラリア」と言います。「犬フィラリア」は「そうめん」のように細長く犬の身体に感染しやすいとされています。犬フィラリアに感染寄生されると、肺動脈や心臓に寄生し、全身の血液の循環や肝臓に深刻なダメージを与えます。

「蚊」に刺されることにより感染

犬フィラリアは、「蚊」に刺されることにより感染します。

日本には約16種類の蚊が関係していると言われ、犬に感染すると、皮膚の下や筋肉などで生活をはじめ、約2か月で成虫になります。やがて、棲家を心臓や肺動脈などに移動し、そこで繁殖を繰り返します。そのまま放置すると、最終的には、咳・呼吸困難・嘔吐などの症状が出てきて死に至ります。

犬フィラリア感染の症状
  • 慢性的に咳が出ます。
  • 激しい運動をすると、咳などが出るためあまり出来なくなります。
  • 散歩を嫌がります。
  • 腹水が溜まります。
  • 運動時失神など起こすことがあります。

フィラリア症の検査

感染の有無は、血液検査によってわかります。かならずフィラリア検査を受けましょう。

次のページは、フィラリアの予防薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です