あなたの愛犬は大丈夫!?ドックフードの選び方

ッグフードの選ぶ基準は安全性

ドックフードを選ぶ時に飼い主目線で選ぶ場合は、添加物と原材料の安全性が重視されます。

ドライフードのメリット

添加物は悪いイメージがあるが、一概に体に悪い影響を与えるものばかりではないです。ドライフードに添加物が使われていないと、腐敗や酸化が早く進んでカビや細菌が繁殖しやすくなり必要な栄養素が不足したりします。

ドライフードを与えるメリットは、保存期間が長い事や扱いが簡単である事と総合栄養食であるため必要な栄養素が全て含まれている事です。多くのフードは添加物を使用する事で、これらのメリットを実現しています。

栄養素の添加物とは、犬の栄養学に基づいて理想的な栄養バランスの整ったフードに仕上げるためにビタミン類やミネラル類を添加しています。

原材料に含まれている栄養素だけでは、総合栄養食の基準を満たせないケースも、多いです。

食品添加物の危険性!!

食品添加物と言っても、様々な役割を担っているため健康を支えています。しかし添加物をもう少し詳しく見ると問題になるのは、添加物が何で出来ているかによります。

例えば、フードによく使われている酸化防腐剤は大きく分けると2つあります。天然由来の酸化防腐剤は値段が高くなり、保存期間が合成のものよりも短いです。化学由来の酸化防腐剤は値段が安く、少量の使用でも天然のものより保存期間が長くなります。

食材の品質は、健康な体作りには欠かせないです。しかし今は昔と違い、生産性や効率性や利便性等を重視して作られている食材が大半です。当然そこには農薬や抗生物質等の影響が全くないとは言い切れなく、どんな種類の原材料を使っているかだけではなく食材自体の安全性や品質や栄養価等にも目を向ける必要があります。

ブッチ ドッグフード



ペットフードを選ぶ基準「ヒューマングレード」

ペットフード業界では、ヒューマングレードと言う言葉を最近は良く聞くがこれは人間が食べている食材と同じレベルの品質という意味です。ペットフードに関する日本の法律は、人の法律よりも甘いと感じる人も多くパートナーに与える食品の品質は飼い主が自ら情報をチェックする必要があります。

次のページはペットフードは犬目線で選ぼう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です