そのフード大丈夫!?失敗しないドッグフードの選び方

のドッグフードは安全ですか?

ペットの健康を守るために一番大切なものは何でしょうか?

もちろんしつけや環境は大事です。ですが、犬が食べるペットフードが悪ければ、健康を害し、思わぬ病気になってしまう可能性があります。

ペットフードは犬しか食べないため、人間にはわかりません。分からないこそ、成分は詳しく調べて愛犬に与えたいですよね。今回ペットフードのパッケージに書いてある成分や書いてあることを説明しながら、お勧めペットフードの紹介もしていこうと思います。

犬は炭水化物を消化できません

犬はもともと「肉食」でした。それが、ペットブームの長い歴史の中で、人間にいろいろなものを与えられ「雑食化」しています。

病気の原因にもなる「穀物」

ただ、犬には穀物(炭水化物)を消化する酵素があまりおおくありません。人間は、唾液の中に「アミラーゼ」という消化酵素を持っているので、「米・イモ・トウモロコシなど」を効率よく消化・吸収できます。しかし、犬は消化する酵素が少ないために、食べた穀物に含まれるデンプンが消化過程を遅らせ、大腸の病気の原因になるとも言われています。

グレインフリー(穀物不使用)

穀物不使用のフードのことをグレインフリーと言います。「米・麦・とうもろこ・大豆」などを使用されてないという意味になります。

もともと、野生で生きている犬・猫は、タンパク質メインで生きていたので、穀物(炭水化物)は必要ありません。食物アレルギーをおこすことも多く見られ、穀物などを消化がうまくできないことが原因です。

グレインフリーは太りにくい!!

グレインフリーは穀物不使用の為、炭水化物の摂取量が減ります。これまで、太りがちだったドックフードに比べ、炭水化物の摂取量が減った分、太りにくいフードと言えます。

また、太りにくいということは、愛犬の生活習慣病予防の効果もあります。

グレインフリーの特徴

メリット デメリット
消化が良い 価格が高くなりやすい
食べ物に穀物が入っていると、消化酵素が分泌が少ないワンちゃんは消化しづらく、胃腸への負担が大きくなります。 通常、原材料の穀物の方が安いため、安い穀物の量を増やして肉の量を減らす傾向にあります。

これで費用を抑えているのです。ただ、これでは穀物アレルギーのリスクが上がってしまいます。

グレインフードは、価格の高い肉のみになるのでどうしても価格が高めになります。

アレルギーの防止
犬の中には小麦アレルギーなど穀物のタンパク質に反応したアレルギーを起こすことが見られます。

フードを食べた後で、体調を崩したことや皮膚病がおきやすいなどがあったら、フードのアレルギーかもしれません。

グレインフリーのおすすめペットフード

カナガンドッグフード

カナガンの評価
おすすめ度
(4.5)
原材料
(5.0)
安全性
(5.0)
栄養度
(5.0)
総合評価
(4.5)
ドッグフードの詳細

ドッグフードの特徴・詳細

ドッグフード「カナガン」最安値公式サイトはこちら

ドッグフード「カナガン」最安値公式サイトはこちら



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です