知ったら怖い!?ペットフードの材料 「ミートミール」とは!?

使われなくなった「肉副産物(ミートミール)」とは?

みなさんの愛犬が食べているペットフードの原材料の表記を見たことがありますか?

ペットフードの原材料をチェックしてみると、「ミートミール」や「家禽ミール(かきん)」「チキンミール」などが目につきます。「○○ミール」とは何でしょうか?

今回は「ドックフード」「キャットフード」に入っている、みなさんが知ったら怖い「○○ミール」についてご紹介します。

ミールは、いらないところ「ゴミ」!?

ミールとは、「肉副産物」のことで、動物や鳥の肉以外の部位(毛、爪、羽、角、血液、内臓、骨など)を粉末にし、ほかの材料と混ぜ合わせたものです。つまり、「ゴミ」捨てるところを粉末にし、かさ増しに使っているということです。

 ミートミールとは?

低価格で売られている「ペットフード」の原材料を見ていると「ミートミール」「家禽ミール」などという表記が多いです。

ミートミール」とは、肉以外の血液・体毛・目玉・爪・トサカ・羽などほとんど通常使えなかった部分を粉状にしたものです。

これを愛犬が食べると思ったら気持ち悪いですが、ただ、これだけでは「危険」とは言えませんよね。

危険なのは「ミートミール」や「家禽ミール(かきん)」のように、表記があいまいにされていることなのです。例えば、「チキンミール」「七面鳥ミール」などもありますが、これは、鶏肉のミールということで、鶏肉すべてを使ったという意味です。これは、「○○ミール」は同じですが、まだ安全と言えます。「トサカ」などはコラーゲンが豊富ですし、カルシウムも取れるということです。

ただし、「ミートミール」などは、何の肉かはわかりません。

次のページは、本当に恐ろしい4Dミートの闇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です