ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの外見と性格の特徴 愛称は「ウエスティー」

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアのルーツと歴史

「ウエスティー」の愛称でおなじみ

ウエスティーの愛称でおなじみ、スコットランド原産の純白のテリアです。スコットランドのウエスト・ハイランド地方で狩りの腕前はテリア種の中でも随一といわれ、ネズミやキツネ捕りの猟犬として活躍していました。スコットランド産のテリアは、「スコッティ種」、「ケアーン種」、「ダンディ・ディンモント種」、そして「ウエスト・ハイランド・ホワイト種」があります。そしてその全てが同じ祖先犬から枝分かれした犬種である。

この祖先犬は、テリアの中で最も古い犬種といわれる「ケアーン・テリア」で、この犬からしばしば生まれる白い毛色の犬を他の白い犬種と交配させ、さまざまな種のテリアに改良されていました。

ウエスティー の 外見と特徴

ホワイトの固い直毛と小さな立ち耳

数あるテリア種の中でとくに人気が強く「ウエスティー」の愛称で世界中の人々に愛されています。とにかくテリアの中でも美しいプロポーションが特徴の「ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア」。がっしりとした頑丈な骨格によく発達した筋肉がつき力強く、ボディはコンパクトで短い四肢も筋肉質です。小さな三角形の立ち耳で付け根は高い位置にあり、耳孔は、正面を向いています。尾は、ピンと立ち上げたところがキュートで、ウエスティーのチャームポイントです。

トレードマークのホワイトの被毛は長さ5㎝の硬い直毛の上毛と短くやわらかい下毛のダブルコートです。頭部は、被毛が豊富で、フワフワの眉の下の目がチャーミングで、色は暗色で目と目の間は幅広く離れています。

原産国 イギリス
体高 22~30㎝
体重 7~8㎏
ホワイトテリアの犬種データ
訓練しやすさ
(1.0)
吠えやすさ
(5.0)
噛みやすさ
(5.0)
興奮しやすさ
(5.0)
活動性
(5.0)
番犬性能
(4.0)

ウエスティー の性格

陽気でいたずらが大好き

性格は、明るく活発、茶目っ気たっぷりで、いつも元気いっぱいです。もともと、猟犬だったことから、丈夫な身体と抜群の持久力を持ちます。好奇心も旺盛で、何にでも興味津々です。

悪戯が大好きで、室内にあるさまざまなものが悪戯の対象です。いたずらも屈託がなくて、無邪気なので見ていても周囲を和ませてくれます。

一般的にテリアは、攻撃気質が高く扱いも難しい犬種ですが、「ウエスティー」は、テリアの中では、穏やかな方で社交性があり、飼い主や家族に対して甘えん坊でフレンドリーなのが特徴です。また、頭もよく、物分かりが良いので、小さなころから社会性を身に付けることで様々なことを身に付けます。しかし、テリア種なので、基本の性質は、独立心や自尊心が強く、頑固なところもあります。また、興奮しやすいところも特徴の一つです。

かつては優秀な狩猟犬

ウエスティーは、かつて優秀な狩猟犬でした。たくましく活動的な優秀な運動能力を持っています。判断力や持久力が高く、動作も俊敏で大きくて強いものにも立ち向かう勇気も持っています。

小柄ですが、運動量も豊富で朝夕2回、各30分は引き運動や散歩をおこないましょう。安全な広場で「ボールの持ってこい遊び」も楽しく遊べると思います。

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』


ウエスティー のしつけの仕方

遊びの中で社会性を身に付けさせよう

ウエスティーはとにかく遊びが大好きです。しつけも飼い主との遊びの中で「社会性」を身に付けさせましょう。興奮しやすいので、遊ぶやり方も注意が必要です。遊びやしつけも飼い主のペースでおこないましょう。遊びを始めたりやめるタイミングは、飼い主が決めるようにします。犬が興奮して「もっと遊ぼう!」とおねだりしてきても、飼い主のルールでやめることが重要です。

このように遊ぶことを繰り返すことで、犬は飼い主に主導権があること。つまり飼い主を「リーダー」だと認めます。また、ウエスティーは愛らしくかわいいのでついつい甘やかして育ててしまうと思います。ただ、負けん気や頑固なテリア気質を持っているので、興奮しやすく攻撃的な態度が出やすい傾向にあります。

あまり甘やかしてしまうと、わがままな犬になってしまい本来持っている面が助長されてきてしまうので要注意です。子犬の頃から毅然とした態度で接してしつけを行うことが大切です。吠え癖や噛み癖があるので、しつけには時間と根気が必要です。

自立心や頑固な面が強いので、無理なしつけは要注意で、逆効果になることもあります。よくほめることを基本にしつけを行うことが大切です。

警戒心が強いので無駄吠えを注意しよう

ウエスティーは警戒心が強いので、わずかな物音や不審なものに対して吠える傾向にあります。夜中でも突然吠えることもあるので近所トラブルに発展する問題になりかねません。

なるべく神経質にならないように、散歩や室内にいるときもいろいろな場所に連れていき、さまざまな経験をさせることで社会性を身に付けさせましょう。

ウエスティーのお手入れのポイント

被毛を入念に手入れし皮膚炎を予防しましょう。

ウエスティーは皮膚病にかかりやすい犬種です。皮膚が弱い傾向があるので、アトピー性皮膚炎などの病気が多く見られます。

こまめなブラッシングなどの手入れをおこない、身体を清潔に保つことが重要です。また、白い被毛が汚れが目立つので、定期的なシャンプーが必要です。ブラッシングは、ピンブラシやコームで週に2~3回おこないましょう。

ウエスティがなりやすい病気

ウエスティは、皮膚疾患が多く見られます。皮膚に赤い湿疹やフケがないかをチェックしましょう。また、身体を掻いたり、壁に身体を擦り付けるなどの体を痒がっていないかをチェックしましょう。


皮膚の病気

油性脂漏症

皮膚を保護し、乾燥を防ぐために皮脂は欠かせないものですが、皮脂が過剰に分泌してしまうことを脂漏症と言います。

犬の体をなでた時に、手がベタつくようなら、ほとんどの犬は脂漏症のケースが多い。脂漏症になると、マラセチア菌や細菌による皮膚炎が起こりやすくなります。放置してるとますます酷くなり2次的、3次的な病気を引き起こします。

脂漏症は、油を落とすことが最善です。殺菌、油を落とす効果がある薬用シャンプーをこまめに行ってあげることが治療に有効です。

 

マラセチア皮膚炎

カビのなかまであるマラセチア菌が異常に繁殖し、かゆみや炎症を起こす病気です。マラセチアは油を好む菌なので、脂漏症を持っている犬は特に注意しましょう。

犬図鑑に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です