明るくて好奇心旺盛なミニチュア・ダックスフンド 特徴と魅力

ミニチュアダックスフンドのルーツと歴史

穴に潜って獲物を追う狩猟犬

ドイツでは、アナグマなどの小型動物の狩猟をするため、ダックスフンドが活躍しています。この「ダックス」とはドイツ語で、「アナグマ」のことを意味します。ミニチュアダックスフンドは、小さな動物を狩るためにより小さく改良された犬種です。

ドイツで活躍するアナグマ猟犬

  • すぐれた嗅覚・・ニオイをたどってアナグマの巣を探すために、長い口吻(マズル)ですぐれた嗅覚を持っています。
  • 胴長短足・・・・アナグマのニオイをたどり、巣穴に潜りやすいように、足が短く、胴が長く改良されました。
  • 強い群れ意識・・群れでアナグマを探します。ハンターがリーダーとなり、犬たちが協力し合い行動します。
  • よく通る吠え声・・アナグマの巣穴を見つけたとき、ハンターに吠えて知らせます。よく通る声なので、ハンターや群れの仲間にうまく伝わります。
  • 服従心とかしこさ・・ハンター(リーダー)の指示に喜んで従うだけの服従心とかしこさをもちあわせています。

ペットを乾かすストレス解消!【ペットドライルーム】




ミニチュアダックスフンドの犬種データ
訓練しやすさ
(2.0)
吠えやすさ
(3.0)
噛みやすさ
(3.0)
興奮しやすさ
(3.0)
活動性
(3.0)
番犬性能
(4.0)
原産国 ドイツ
体高 13~23㎝
体重 4.8㎏まで

ミニチュアダックスフンドの性格

被毛のタイプで性質や性格が違う。

ダックスフンドの毛質は、三種類あります。さまざまな改良を重ねて別の犬種が交配を重ねているため、同じダックスフンドでも、毛質ごとに性質や性格が異なります。ダックスフンドを選ぶ際の参考にしてください。

スムーズヘアード・ミニチュア


スムースヘアードは、ダックスフンドの基本型です。もともとスタンダードサイズのスムースヘアードが基礎となり、現在のバリエーションに発展しました。

  • 毛質・・短い短毛が密に生えている。なめらかで光沢があるのが特徴。
  • 特徴・・もともとの狩猟犬のダックスがそのまま小さくなった犬種で、猟犬の気質が一番色濃く受け継がれています。頭がよく、飼い主の指示に従って一緒に行動することに大きな特徴を感じます。ただし、甘えたり指示をきくのは、飼い主や家族だけです。
  • 性格・・硬派な性格で、人には従順なのですが、犬同士だと遠慮しないで、自己主張します。

ロングヘアード・ミニチュア


ロングヘアードのダックスフンドは、やさしくて人にベッタリな犬です。性格は陽気で誰からも好かれるタイプです。

  • 毛質・・長くてなめらかな被毛は、まるで絹毛のようです。
  • 特徴・・ロングヘアードは、長くてなめらかな被毛が特徴です。ルーツは、スムースのダックスにスパニエル系の犬種が交配されて誕生しました。スパニエルの影響のため、物怖じせずに人懐こくて優しく穏やかな性格が特徴です。
  • 性格・・人が大好きで誰にでも甘える人懐こい性格です。子供や高齢のかたにも穏やかに接するので、はじめて飼う人にも大変飼いやすい犬種だと言えます。ほかの犬に対しても、友好的でやさしく相性がいいです。多頭飼いのときもトラブルが少なく飼いやすい犬種です。

ワイヤーヘアード・ミニチュア


ワイヤーヘアードは、テリアの気質を持ったダックスです。テリア気質は、狩猟犬の気質で、この性質を飼い主が理解せずに、しつけを失敗してしまうと、無駄吠え、噛むといった問題行動を起こす場合もあります。

  • 毛質・・剛毛のミニチュア・シュナウザーなどを交配されたため、固い藪のなかを駆け抜けても、傷つかない被毛を持っています。
  • 特徴・・ワイヤーヘアードは、テリアの血を受け継ぐので、好奇心旺盛で気が強い傾向があります。
  • 性格・・マイペースでベタベタ甘えるのが苦手です。賢くて自分の考えを持っているタイプです。甘えよりも独立心や気の強さ、神経の細やかさなどを持ち、きちんとリーダーシップをとらないとコントロールが難しい犬種といえます。しかし、しつけを確実に行えば飼い主に、生涯従うパートナーになります。

 

【最後まで諦めない~犬の食事療法【療法食】
『臨床栄養学』と『国産無農薬7種キノコ『マクロビオティック』との強力3大コラボの療法食です。




ミニチュア・ダックスフンドのしつけの方法

被毛のタイプで若干性格が異なりますが、総じて利口で物覚えが良い犬種です。性格は自立心が強く悪戯好きなところがあります。自立心が強い犬の特徴は、わがままでしつけが難しいことが多いので、トイレのマナーや悪戯に対して、根気よくしつけることが大切です。

また、猟犬として活躍してきた犬種なので、動くものや音に対して過敏で、吠え声も響くので、ご近所トラブルにならないよう、早い時期からしつける必要があります。

無駄吠え防止グッツの紹介

吠え癖がつく前にしつけを行う。

ミニチュアダックスフンドの鳴き声は、同じ場所にある大型トラックの走行音よりうるさいという結果がある程、皆さんが思っているより強烈なものです。

事実、集合住宅やマンションで飼う場合に一番多いトラブルが、犬の「吠え声」になります。犬にとっては吠えるという行為は、ごく自然な行為ですが、癖にしてしまうと大変大きな問題になってしまいます。吠え癖が付く前に、その原因を探し解決しましょう。

ミニチュアダックスフンドを飼う場合の注意点

太り過ぎに気を付けて

ミニチュアダックスフンドを飼うときに一番気を付けなければいけないことは、まず太らせないことです。胴長短足が魅力で人気ですが、この体型が原因とされる問題が背骨のトラブルです。肥満になると、腰や脚に大変負担がかかりやすくなります。

この犬は、運動不足になると胴回りの筋肉が減少してしまい、長い背骨を支えられなくなり、やがて歩けなくなってしまいます。また、そのまま肥満体型になると、背骨に負担がかかり椎間板ヘルニアにかかりやすい傾向になります。

適度な運動と食事管理を徹底して、太り過ぎには気を付けましょう。

無駄吠え防止グッツの紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です