ドーベルマンの外見と性格の特徴

ドーベルマンのルーツと歴史

多くの異種交配から生まれた犬種

ドーベルマンは19世紀後半に、ドイツのアポロン市ルイス・ドーベルマン氏によって生み出されました。このルイス氏は、市の夜警や野犬捕獲員をしていたため、犬の長所や短所を知り尽くしていました。

捕獲された野犬を使い賢くたくましい新犬種を作り出そうと、「ロットワイラー」や「ブラック・アンド・タン・テリア」、「ジャーマンピンシャー」などの異種交配からドーベルマンは生まれました。

20世紀初めには、ドイツで警察犬として正式に採用されたり、第一次世界大戦には、軍用犬として活躍し一躍有名になりました。

IMG_9892

ドーベルマン の 外見と特徴

硬い短毛のスマート筋肉質ボティ

ドーベルマンは、たるみもしわもないスマートなボディですっきりと引き締まっています。頭部や耳、四肢の長さは胴の長さとのバランスがとれています。本来は垂れ耳で生まれてきますが、ドーベルマンは耳の大部分を切除する断耳と尾も約2センチに切断する慣習があります。

硬くなめらかな短毛が密生し、毛色は、ブラック、レッド、ブルー、イザベラ(薄い栗色)で、どの色もマーキングが鉄錆色で、両目の上、口吻、のど、前胸部、四肢、尾の下方に斑があります。

原産国 ドイツ
体高 63~71㎝
体重 25~30㎏
ドーベルマンの犬種データ
訓練しやすさ
(5.0)
吠えやすさ
(2.0)
噛みやすさ
(2.0)
興奮しやすさ
(2.0)
活動性
(2.0)
番犬性能
(5.0)

警察犬としても優秀なよく効く鼻

ドーベルマンは、警察や軍隊でも活躍しています。

警察犬、軍用犬として、この犬の鼻は性能がピカイチで犯人追跡に大変優秀です。また、教えたことを素直に覚えて、その能力を十二分に発揮することが出来ます。

ドーベルマンの性格

 

本当は繊細で怖がりな甘えん坊

ドーベルマンは全般的に攻撃性が高く、一般的に獰猛なイメージがあると思います。しかし、実際の性格は、気質は穏やかで飼い主や家族に対して非常に忠実です。

飼い主や自分のテリトリーを守ろうとする意識が大変強いので、見知らぬ人や他の犬が侵入してくると、番犬の能力を発揮します。

優秀な番犬になるので、怖い犬と勘違いされますが、その素顔は意外にも繊細で怖がり、そして甘えん坊な性質を持っています。愛情をたっぷり込めてしつけを行うことで、頼りがいがある素敵なパートナーになるでしょう。

 

運動をたっぷりをさせましょう。

 

ドーベルマンは運動欲求が最高ランクで非常に活発、かなりの運動量が必要です。朝夕2回最低1時間は、十分に運動をさせましょう。

運動不足でストレスがたまると攻撃的になったり、問題行動が出る行動がでることもあるので注意が必要です。走ることが大好きなので、十分に走らせてエネルギーを発散させましょう。たまにはボール投げなどドッグスポーツに挑戦するなどもお勧めです。

プレミアムドッグフード【ナチュロル】


ドーベルマンのしつけの仕方

適切な訓練を行えば、最高のパートナーに

ドーベルマンは、大型で力が強く攻撃的な面を持ち合わせている為、幼年期のしつけをきっちりとおこなわないと狂暴性が出ることがあります。

他の犬との喧嘩や訪問者に対して吠え癖や噛み癖を防ぐためにも、子犬の頃から基本的なしつけを徹底しましょう。また、初心者には不向きで、犬の飼育経験が豊富できちんと訓練ができる方に向いている犬種です。

 

ドーベルマンのメンテナンス

 

抜け毛が多いので注意しましょう。

短毛なので、手入れは簡単なほうで被毛は、固く絞った布でマッサージをするように拭くか、獣毛ブラシを使ってブラッシングをしてあげましょう。また、被毛が硬いため、抜け毛がソファーやじゅうたんに刺さるとなかなか抜けずらくなってしまいます。

垂れ耳のタイプは蒸れやすいので、耳掃除を定期的に行いましょう。

 

温度管理が重要です。

ドーベルマンは、寒さに弱いため、冬場の温度管理を徹底しましょう。

犬図鑑に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です