ラフ・コリーの外見と性格の特徴 名犬ラッシーで世界中で大人気

ラフ・コリーのルーツと歴史

ハリウッド映画「名犬ラッシー」で大人気

スコットランドの北部ハイランド地方の山岳丘陵地帯で牧羊犬として活躍していました。1860年にスコットランドを訪問したビクトリア女王が連れ帰ったことで人気が出ました。

昔は、黒い毛色のものが多く見られましたが、その後、ハリウッド映画「名犬ラッシー」で、世界的に知られ、特に子供たちから絶大的に人気が出ました。

ラフ・コリーの 外見と特徴

気品あふれる容姿、世界に愛される「ラフ・コリー」

鼻筋が通った細長い顔立ち、ふさふさとした豊富な胸の飾り毛が特徴で、筋肉質のボディが粗く、まっすぐな長毛に覆われた気品あふれる美しい容姿をしています。コリーは、被毛によってスムース(短毛)タイプとラフ(長毛)タイプがあり、通常みなさんが思われているコリーと呼んでいるのでは、長毛のラフのことです。下毛は、やわらかく首の周りや胸、尾には豊かな飾り毛があります。毛色は、「セーブル・アンド・ホワイト」、「トライカラー」、「ブルー・マール」、「ホワイト」があります。

原産国 イギリス
体高 56~66㎝
体重 23~34㎏
ラフコリーの犬種データ
訓練しやすさ
(4.0)
吠えやすさ
(2.0)
噛みやすさ
(1.0)
興奮しやすさ
(2.0)
活動性
(1.0)
番犬性能
(3.0)

ラフ・コリーの性格

家族思いの理想的な家庭犬

コリーは、とにかく明るくとても従順な性格で世界中に愛されているコンパニオンドッグです。いつも、飼い主のことを考えて行動するので、きちんとルールを作ってあげれば、ちゃんと守って生活をしてくれます。

誰にでも人なつこく、遊びに誘えば喜んで応じてくれます。コリーは悪いところを見つけることが難しいほど、理想的な家庭犬です。

どんな人にも飼いやすい犬種

コリーは、とても従順なので初心者から経験者までどんな人にも飼いやすい犬種です。訓練能力も高くしつけもしやすいです。

運動は毎日たっぷりと行いましょう。

 

コリーは活発な牧羊犬なので、毎十分な運動をさせてあげましょう。運動不足が原因でストレスが溜まって問題行動を起こすケースもあるので、注意が必要です。毎日2回各30分は散歩や引き運動などをおこないましょう。また、ドッグスポーツも向いている犬種なので挑戦してみるのも楽しみの一つです。

愛犬が健康になるサプリ



ラフ・コリーのしつけの仕方

無駄吠えをしないようにしつけしましょう。

コリーは明るく温和な性格ですが、警戒心も高く、神経質な面も持ち合わせています。普段は物静かですが、育て方しだいでは、無駄吠えをする傾向があります。

集合住宅や住宅街で飼育する際は無駄吠えをしないようしつけをすることが大切です。子犬の頃から、飼い主家族以外の人や他の犬に触れ合える機会を増やして社会性を養い穏やかな性格に育てましょう。

体罰や厳しい叱責はNG

コリーは、家族思いで飼い主のことが大好きなので、日ごろからスキンシップをはかり一緒に過ごす時間を増やしましょう。従順な性質で頭が良いので、基本的なしつけはすぐに覚えます。感受性が強く繊細な面もあるため、きつく叱ったり、体罰をするのはNGです。

 

ラフ・コリーのお手入れ方法

手入れは意外に大変

下毛が絡まりやすく、内側まで毎日ピンブラシとコームで入念にとかしましょう。また、耳の後ろ、体の下側と胸の飾り毛のあたりはとくに丁寧におこないましょう。

春と秋の換毛期には、大量の毛が抜けるのでこまめにブラッシングして死毛を取り除きましょう。シャンプーは大変で、一度2~3時間はかかることを覚悟しましょう。

犬図鑑に戻る

 

愛犬のトイレで悩んでいた私が、たった7日で、
トイレをしつける事が出来たその秘密は…?

顧客満足度91.2%【犬のトイレしつけ】はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です