ポメラニアンの外見と性格の特徴 毛糸玉のようなかわいい容姿と元気いっぱいな愛玩犬

ポメラニアンのルーツと歴史

ポメラニアンは大型犬だった!!

スピッツ系のサモエドが祖先犬といわれています。アイスランドとラップランドでソリ犬・サモエドの血をひく大型犬考えられています。

「ポメラニアン」という名前は、ドイツのポメラニア地方で牧羊犬として使われていたことから名づけられたといわれています。もともと「ポメラニアン」は体重が10キロ以上あった大きな犬でした。18世紀には、ビクトリア女王に大変気に入られ、イギリスにわたります。

19世紀になって、現在のような超小型犬に改良されたといわれています。

ポメラニアンの外見と特徴

スピッツ系の中で最も小さなサイズで、全身ふわふわの毛に包まれた愛くるしい容姿が魅力です。顔面と四肢を除いた全身を豊富な毛におおわれた小型犬で、下毛はやわらかい綿毛、上毛は丈夫でまっすぐな荒い毛質が特徴です。首の周りは飾り毛を蓄えて背上にしっかりと背負った尾を持つスピッツ特有の外観をしています。

頭部は、キツネを思わせるくさび型で額は丸く、やや突き出たような感じです。耳は小ぶりで直立、眼は黒く輝くアーモンド型、鼻は鼻筋が短く黒色なものが多い印象です。

毛色は、ブラック・ブラウン・チョコレート・レッド・オレンジ・クリーム・白・パーティカラーなどバラエティー豊かです。

原産国 ドイツ
体高 20㎝前後
体重 1.3~3.2㎏
ヨークシャーテリアの犬種データ
訓練しやすさ
(1.0)
吠えやすさ
(4.0)
噛みやすさ
(5.0)
興奮しやすさ
(4.0)
活動性
(4.0)
番犬性能
(3.0)

ポメラニアンの性格

陽気で警戒心が強いが、一途な愛情も

ポメラニアンはフワフワの毛に包まれた愛くるしい姿が魅力の外見からは想像できないほど、陽気で活発、好奇心が強く、遊び好き、楽しいことがないかといつも動き回っています。

飼い主や家族には従順・忠実な面もあり、特に飼い主には一途な愛情を寄せます。もともとスピッツ系の大型犬だった過去があるこの犬種は、どんな大きな相手にでも向かっていく強気な性質を持っています。神経質で警戒心が強い一面もあり、他人には気を許さない気質を持ちます。

ポメラニアンのしつけの仕方

吠えるのは生まれつき?

ポメラニアンは、動くものや音に敏感に反応して、知らない人や犬を警戒して吠えることが多く、子犬の頃からさまざまな場所に連れていき社会を経験させ慣らしていくことが、重要です。利口で物覚えもいい方ですが、興奮しやすい面もあります。甘やかすとわがままになったり反抗的になることもあります。

痛くないからといって、犬が軽く噛む(甘噛み)を許していると、癖になってしまいます。子犬の頃なら大したことはありませんが、成犬になったら大変なことにもなりかねません。子犬の頃から、「人を噛むのはだめなこと」ということを、しっかりとしつけをしなければいけません。

ポメラニアンは、飼い始めた初日から「吠え癖」や「噛み癖」が出ることがあるので、最初の日からしつけを行わなければいけない場合があります。愛犬とずっと幸せに暮らしていけるように節度のある態度で、しつけを行うことが大切です。

ポメラニアンのお手入れのポイント

毎日の入念な手入れで毛玉を防ぎましょう。

ポメラニアンは、豊富なダブル・コートです。ダブルコートは毛玉になりやすく、ピンブラシやコームで毎日手入れをしなければなりません。表面だけでなく下毛までしっかりとブラッシングを行いましょう。特に、耳やお尻のあたりは、毛玉になりやすいので入念に行いましょう。

体を触られることを嫌がらないように、子犬の頃からいろいろなところに触れて慣らしておくことが大切です。シャンプーは、月に1回程度。夏季は抜け毛が多く被毛が痛むので丁寧に行いましょう。

ポメラニアンがなりやすい病気

ひざ・関節の病気

ポメラニアンは、関節や骨が弱く、膝が外れるなどトラブルが多く見られます。「けんけん」や「ぴょんぴょん」といつもと違う異常な歩き方を発見したらすぐに獣医の診断を受けてください。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

膝のおさら(膝蓋骨)が通常の位置から外れてしまう状態です。ポメラニアンなどの小型犬に多く見られ、軽度の場合は自然にお皿が戻ります。初期の場合はあまり痛がらず飼い主も築きにくいのが特徴です。症状が進んでくると、片足で「けんけん」と歩くようになります。両足に症状が出てくると、「ぴょんぴょん」とカエルのような歩き方になります。

脱臼は、歩くごとに症状が進行していくため、あっという間に悪くなっていきます。特に成長期の間は進行が早く、早急な治療が必要です。

治療には手術が必要になります。

脱毛症

ポメラニアンの脱毛症

「ポメラニアン」や「チャウチャウ」、「アラスカン・マラミュート」、「シベリアンハスキー」等にもあわれる脱毛症です。

会陰部や外陰部、首のあたりに左右対称の脱毛が見られます。放置すると、脱毛部分が広がり、ふけが出て、被毛に光沢が無くなります。

2~3歳の雄で発症することが多く見られ、去勢することで治ることがあるため「去勢反応性脱毛症」と呼ばれます。また、副腎に効果がある治療でも効果が見られることもあり「偽クッシング症候群」と呼ばれることもあります。

 

気管の病気

ポメラニアンは、遺伝的に気管が弱く、老化や肥満によって呼吸困難などの病気にかかりやすい犬種です。また、それが原因で心臓病を患うことも・・。気管や心臓に負担がかかる肥満は大敵です。食事管理には十分に気をつけて肥満防止に努めましょう。

気管虚脱

気管は鼻と口・肺をつなぐ空気の通り道です。何らかの理由で気管が潰れて、呼吸困難が起きることを「気管虚脱(きかんきょだつ)」といいます。

原因としては、遺伝性・老化・肥満が関係しているといわれています。初期症状では、咳がいつも出るようになります。激しい運動や興奮の後は「ガーガー」「ゲーゲー」と乾いた咳をしているときには、呼吸困難になっているサインです。舌や歯茎が紫色になっていたら、チアノーゼ(酸素不足)が出ています。一刻を争うので早急に動物病院へ行きましょう。

治療方法としては、気管支を広げる気管支拡張剤を飲ませます。また、鎮静剤や抗炎症剤などで咳の症状を抑えます。重症の場合は、外科手術になります。

 

犬図鑑に戻る

愛犬のトイレで悩んでいた私が、たった7日で、
トイレをしつける事が出来たその秘密は…?

顧客満足度91.2%【犬のトイレしつけ】はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です