アイリッシュ・セターの外見と性格の特徴

アイリッシュ・セターのルーツと歴史

アイルランド出身の鳥猟犬

セターの中で、最も歴史が古いこの犬は、レッド・スパニエルが祖先犬だといわれています。

アイルランドの「アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セター」とレッドの単色の犬から作られた犬種で、鳥猟犬として活躍していました。「アイリッシュ・ウォーター・スパニエル」や「テリア種」との交配でハンターとして優れた能力を身に付けたとされています。

このセターという名前は、においを頼りにとりの居場所を見つけ伏せの姿勢で相手をくぎ付けにして獲物の場所をハンターに教えるのが仕事でした。この伏せて獲物の位置を教える意味「セッティング」からきています。

Observation

アイリッシュ・セターの 外見と特徴

「マホガニーレッド」の被毛に覆われた美しく鳥猟犬

アイリッシュ・セターの美しい被毛やスタイルは、「レッド・セター」と異名を取られるほど、美しい赤毛が特徴です。これは、イングリッシュ・ポインターやイングリッシュ・セター、ゴードンセターなどの配合によるものだといわれています。

体格は、体長のほうが体高と比べて長く四肢は骨太でガッシリしています。耳は、頬の後側に垂れていて、ストップもはっきりしています。

毛色は光沢のある鮮やかな「マホガニー・レッド」で頭部と前肢の前面、耳端の毛はやわらかい短毛で、耳の上部と前足の裏側、大腿部、前胸部や腹部、尾の裏側には、長い飾り毛があります。

原産国 アイルランド
体高 60~65㎝
体重 25~32㎏
アイリッシュセターの犬種データ
訓練しやすさ
(1.0)
吠えやすさ
(4.0)
噛みやすさ
(2.0)
興奮しやすさ
(4.0)
活動性
(5.0)
番犬性能
(2.0)

アイリッシュ・セターの性格

初心者には難しい性格かも!?

全身に鮮やかなマホガニー・レッドの被毛と長い飾り毛は、どこにいても人目を引く鮮やかさがあります。また、肉薄の長細い頭はほりが深い顔立ち、長く垂れた耳にはたっぷりの飾り毛があります。

しかし、その外見に似合わず、頑固な一面を持っているのがセターの特徴です。長い間、鳥猟犬として優れた能力を発揮してきただけあって、自立心が高いのです。

基本は、誠実で飼い主には従順で、人間と深い信頼関係が築けますが、飼い主のいうことをなんでも従うタイプではありません。

 

活発で人と遊ぶのが大好き

アイリッシュ・セターは、明るく活発で好奇心旺盛。はつらつとしていて陽気ですこしおっちょこちょいです。どんなことでも、遊びにしてしまうおちゃめな一面も持っています。

非常に愛情深く、子供にも友好的です。信頼関係を築けば、素晴らしいパートナーになれることでしょう。



運動不足でストレスをためないように

アイリッシュ・セターは、活動的で狩猟欲が大変強い犬種です。獲物の運搬が仕事だったため、古くから優秀な猟犬として重宝されていました。そのような活動的の高さから、運動欲求が高く、多くの運動量が必要です。

家の中にいるときは落ち着いていますが、いったん外に出すと元気いっぱい。スタミナに溢れているので、運動は欠かせません。
朝夕2回、各1時間は十分な散歩やドッグスポーツで有り余るエネルギーを発散させてあげましょう。

 

プレミアムドッグフード【ナチュロル】


アイリッシュ・セターのしつけの仕方

しつけは根気よくおこないましょう。

アイリッシュ・セターは、自分の気持ちを持った思慮深い犬です。

頑固な一面を持っていて、飼い主のいうことを素直に従うタイプではありません。自分が納得できない指示には、まったくいうことを聞かなくなってしまうことがあります。物覚えもあまり高くなく、しつけには「知恵」と「根気」が必要です。

はじめて犬を飼う人にはあまりお勧めできません。

 

しつけの基本は褒めること。体罰は厳禁!

子犬の頃から、甘やかさず根気よくしつけをしましょう。かつて、自分で鳥を追いかけていたことから、散歩のときの引っ張り癖で飼い主が引きずられるといったケースもよく見られます。

また、リードを離すと、目の前の獲物に向かって一目散に追いかけて行って事故や他人に飛びついて問題になることもあります。
「オイデ」には必ず従うように子犬の頃から、しつけをおこないましょう。

アイリッシュ・セターは筋肉質で、力が大変強い身体を持っています。もし、言うことを聞かなかったり、悪いことをしても体罰はしてはいけません。もし、体罰で罰を与えると、犬も力で対抗してくるケースがあります。

子犬の頃はまだいいですが、成犬になると問題になるケースが多く、事故につながる場合があるので注意が必要です。

しつけの基本は褒めること。人なつこい性格なので、褒められることに喜びを感じます。

いうことを聞かない時は、終始一貫、「無視」を貫きます。言うことを聞いたり良いことをしたら、おもいっきり褒めてあげましょう。

アイリッシュ・セターのメンテナンス

 

美しい被毛を保つには毎日の手入れが必要。

アイリッシュ・セターの全身を包む鮮やかな被毛を守るためには、それなりの手入れが必要です。ピンブラシや獣毛ブラシ、コームを使って毎日入念に手入れをしましょう。

もつれにくい毛質ですが、散歩の途中、草木の実などが付いたところに行くと、それが原因で毛玉になりやすいため散歩後は特に入念なブラッシングをしてあげましょう。

 

犬図鑑に戻る


愛犬のトイレで悩んでいた私が、たった7日で、
トイレをしつける事が出来たその秘密は…?

顧客満足度91.2%【犬のトイレしつけ】はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です