ダルメシアンの外見と性格の特徴 

ダルメシアンのルーツと歴史

ディズニー映画「101匹ワンちゃん」のモデル

「ダルメシアン」は、ディズニー映画「101匹ワンちゃん」のモデルとなった犬種で一躍人気犬になった犬種。

そのルーツは、4千年前以上前のギリシア彫刻壁画に「ダルメシアン」と似た動物が描かれていたことから、クロアチアのダルメシアン地方原産といわれています。馬車の伴走犬や番犬、猟犬、牧畜犬などさまざまな用途に使われてきました。ときには、優秀な記憶力を買われてサーカスやショーへも出演していました。アメリカでは、19世紀に消防用馬車の先導をしていたことから、現在では消防のマスコット犬しても活躍しています。

 

ダルメシアン の 外見と特徴

白のボディー黒い斑のモダンな容姿が大人気

「ダルメシアン」のスマートな体形は筋肉質で、よく引き締まっています。首は長く美しいアーチを描いています。両耳の間隔は広く、先端が丸まって、顔の横で垂れている。両目は丸く間隔はやや広い。口吻はながく、鼻筋ははっきりしている。しっぽは、付け根から先細りして、尾先は少し上を向いています。

トレードマークともいえるぶち模様は、ピュア・ホワイトの地色にブラック又はブラウンの斑点がまんべんなく入った水玉模様が特徴です。長い四肢を生かした広い歩幅でしなやかに歩き、走力に優れていて持久力の能力を備えています。

原産国 旧ユーゴスラビア
体高 56~61㎝
体重 22~29㎏
ダルメシアンの犬種データ
訓練しやすさ
(3.0)
吠えやすさ
(3.0)
噛みやすさ
(4.0)
興奮しやすさ
(3.0)
活動性
(3.0)
番犬性能
(2.0)

ダルメシアンの性格

どんなときでもポジティブ

「ダルメシアン」かつては、馬車馬の引率役や番犬など幅広く利用されてきました。現在になっても、高い体力・持久力、そして最後まであきらめない根性を持ち合わせています。
エネルギッシュで遊びが大好きで、どこまで走っても疲れた顔を見せません。どんな事に対しても、意欲的に取り組むポジティブさは、周りの人間を元気にさせてくれます。

性格は、明るく人懐っこくて他人にも有効的な面を持っています。しかし、独立心も高く、飼い主や家族と一緒にいることは大好きなのですが、べたべたと甘えることはあまりありません。飼い主にとっては、少し寂しく感じることもあるかもしれません。

また、知能が大変高く、自分の飼い主が誰かということをよく理解しているので、見知らぬ人には簡単には心を許しません。しかし礼儀は正しく傍若無人にふるまうことはしません。

ドックスポーツで一緒に遊ぼう

ダルメシアンは、大変タフな犬で、1日一時間程度の運動量では全くたりません。運動不足からのストレスが溜まらないように、十分な引き運動や安全な場所での遊びでたっぷり走らせましょう。フリスビーを使った遊びを取り入れたり、アジリティ(障害物競技)などをドッグスポーツがおすすめです。

プレミアムドッグフード【ナチュロル】


ダルメシアンのしつけの仕方

しつけは少し苦労するかも

ダルメシアンは自立心が高く、飼い主が甘やかしてばかりいるとわがまま放題になって問題犬になるケースがあります。また、この犬は自立心が高いのに加え、訓練能力があまり高くなく、しつけも苦労するかもしれません。普段から、常に飼い主が主導権を握り、「良いこと」と「悪いこと」をしっかりと教えることが大切です。

遊びは大好きなので、遊びながらしつけを行うとうまくいくでしょう。

興奮しやすいので注意しましょう。

子犬のころはとにかく元気いっぱい、遊びだしたりうれしいことがあると、興奮しすぎて飛びつきや言うことを聞かなくなることがあるので注意が必要です。小さいうちなら力も弱くあまり問題にならないのですが、力が強くなる成犬の飛びつきや引っ張り癖は問題になるので注意が必要です。

子犬の頃から、興奮したら冷静になるまでハウス(ケージ)に入れ、冷静になったら遊ぶ。また興奮し「飛びつき癖」や「吠え癖」が出たら、再びハウスに入れる。を繰り返す。

このように繰り返すことで、「吠える(興奮する)=遊んでもらえない。」「静かにする(冷静になる)=遊んでもらえる。」と学習します。

ダルメシアンのお手入れのポイント

こまめな皮膚のチェックを

ダルメシアンの被毛は短毛で手入れは簡単ですが、皮膚のマッサージも兼ねて毎日ラバーブラシでブラッシングをしましょう。被毛は軽くブラッシングするか、固く絞った布で拭いて手入れします。

食べ物が原因によるアレルギー性皮膚炎にかかりやすいので、毎日のブラッシングで皮膚のチェックもしましょう。もし、発症したら、まず食事を変えて体質に合ったものを見つけましょう。

尿路結石に注意が必要

尿路結石になると、尿が出にくくなるため何度も排尿姿勢を取ります。尿量も一回量は少なく、頻尿気味になります。ダルメシアンは、遺伝的に発症しやすい傾向にあります。

予防には、日ごろから水を多く飲ませるなどが必要です。ただし、市販のミネラルウォーターや井戸水などを与えてると、尿結石の原因になるので与えないようにしましょう。

 

犬図鑑に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です