ボストンテリアの外観と性格の特徴 タキシードを着た「小さなアメリカの紳士」

ボストンテリアのルーツと歴史

小さなアメリカの紳士

数少ないアメリカ原産の犬です。ブルドックとブルテリアを交配して、1870年代にアメリカ・ボストンで作られました。アメリカ原産の犬の中では3番目に古い犬種で、当初は体重が23キロほどあり「ボストン・ブル」とも呼ばれていました。

「ボストン・ブル」の頃は、大型犬で身体も大きく主に闘犬として扱われていました。その後、愛玩犬として長い年月をかけて改良され、小型化し現在の姿に落ち着きました。

ボストンテリアの外観と特徴

愛犬家の間では、「アメリカ犬界の紳士」という異名で親しまれているほど、知的で穏やかな性質で、やさしい表情をしており、体つきもコンパクトながら頑丈な体つきで、頭部の大きさや尾の長さ、筋肉質のたくましい四肢などがバランスよく抜群の体格をしている。短いマズルもあごも幅広く、大きな丸い目が離れて付いていて直立したコウモリ耳が特徴です。

マズルの周りや目の間、胸などに入っているホワイトのマーキングが独特の模様を描いている為、タキシードを着ているようにみえる「注文服の犬」というユニークなニックネームもついています。

毛色は、ブリンドル、シール、ブラック。

原産国 アメリカ
体高 28~38㎝
体重 ライト(小型)6.8㎏以下
ミドル(中型)6.8~9.1㎏
ヘビー(大型)9~11㎏
ダルメシアンの犬種データ
訓練しやすさ
(2.0)
吠えやすさ
(4.0)
噛みやすさ
(3.0)
興奮しやすさ
(4.0)
活動性
(4.0)
番犬性能
(3.0)

ボストンテリアの性格

あらゆる人に寛容で優しい性格

一般的にテリアと名の付く犬種は攻撃性が強い傾向があるのですが、ボストンテリアは相手を傷つけることが苦手で、攻撃レベルが最低になっています。性格は活発ではつらつとしており、遊び好きな犬です。温和で愛情深く家族に対しても友好的で、特に飼い主に対しての忠誠心は驚くほど高く、常に相手の感情を考えて行動します。周りの空気をよく読み、「飼い主の機嫌が悪そうだ」と感じるとおとなしく様子をみたり、雰囲気によって甘えたり、はしゃいだりする気配りをみせるところがあります。

また、温和で争いを好まないのですが、テリトリー意識や防衛本能は意外に高く、ほかの犬に縄張りを侵されたと感じると立ち向かっていく行動が見られることもあります。もともとは闘犬であったための性質かも知れませんが、人間を傷つけるようなことはありません。

プレミアムドッグフード【ナチュロル】



ボストンテリアのしつけの仕方

厳しいしつけや体罰は厳禁!!

ボストンテリアは少々頑固な点もあるが、大変賢く学習能力が高い特徴があるので、しつけや訓練がしやすい特徴があります。

また、陽気な性格の反面、傷つきやすい特徴があるので、叱り方にも注意が必要です。体罰は絶対にしてはいけません。しつけの基本は褒めることを中心におこなうようにして、悪いことをしたときには、無視することに徹しましょう。

  • おしっこ・・じゅうたん等におしっこをしてしまった時には、慌てず騒がず黙って視線を合わせないで片づける。ちゃんとトイレでおしっこが出来た時には思いっきり褒めてあげる。
  • 無駄吠え・・無駄吠えの場合は、吠えている時はケージ(ハウス)に入れ静かになるまで、目を合わせない(無視する)。静かになったタイミングで褒めてあげ出してあげる。
  • 噛み癖・・・遊んでいるときに噛み癖が出てしまい、歯が飼い主の手に当たったときは、遊びを中断し「イケナイ」「ダメ!」と叱りハウスの中に戻し、目を合わせないで無視する。5~10分ほど無視する。そのことを繰り返し行います。

犬は、繰り返し無視を行うことで

「吠える(噛む)=遊びが中断される=無視される」「吠えない=遊んでもらえる=構ってもらえる」という関連づけをして学習します。

リーダーになろう

ボストンテリアは、大変賢く、常に飼い主の顔色や周囲の状況を見て行動しています。

飼い主が普段から的確な「しつけ」を行うことで、犬は飼い主を「リーダー」として信頼し高い忠誠心で従います。特に、人間と生活をすることが大好きな犬種なので、言葉をかけてくれたり、飼い主から関心を向けられることで安心するタイプです。普段から声をかけてあげ、しつけも普段の遊びの一環として行っていくとうまくいくでしょう。

階級意識が高い一面も!?

家族にも有効な性格で、温和なところがありますが、階級意識がやや強い一面もあります。

自分より強いと思われる人に対しては従順で、遊びや言うこともよく聞きますが、自分より弱いと思う人(子供や老人)に対して少し強く出る一面を見せるところがあります。また、普段からよく構ってくれる人に対して良くなつくところがあり、逆に構ってくれない人に対しては遊びを誘っても、乗ってこないことも。

ほっておかれることが苦手

家族と一緒にいることが大好きなので、長時間ほっておかれたり、お留守番などで寂しい思いをすると、ストレスが溜まり無駄吠えをしたり攻撃的になることもあります。普段からスキンシップを多めにし、のびのびと育ててあげましょう。

散歩は温度管理に気を付けて!

ボストンテリアはマズルが短く、体温調節が苦手で、特に夏場は熱射病にかかりやすい傾向があります。散歩は炎天下を避けて連れて行くようにしましょう。

犬図鑑に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です