パピヨンの外見と性格の特徴 優雅な容姿から想像できないやんちゃ犬!

パピヨンのルーツと歴史

小型のスパニエルが祖先

16世紀の「スパニッシュ・ドワーフ・スパニエル」というこがたの狩猟犬が祖先と言われています。体が小さいことから、「スパニエルナン(一寸法師のスパニエル)」と呼ばれていました。16世紀のルイ14世時代の上流階級の貴婦人たちの肖像画によく登場するなど、大人気でした。

もとは、たれ耳の特徴でしたが、立ち耳に改良され、飾り毛の立派な両耳が蝶のように見えることから、「パピオン(フランス語で蝶の意味)」と名付けられました。イギリス名では、「バタフライ・スパニエル」とも呼ばれています。イタリアのボローニャ地方で繁殖され、高い値段で取引されていました。

パピヨン の 外見と特徴

蝶の羽のような立ち耳と小さく愛くるしい外見

絹糸のようなまっすぐな長い被毛は、下毛のないシングル・コートです。胸や四肢、耳や尾に飾り毛が優雅な印象を際立たせています。名前に由来にもなった耳は、垂れ耳でも立ち耳でもなく、蝶の羽のように頭に対して斜めについている。目は丸く色が濃く、口吻は唇が引き締まり、薄くて黒い。

体格は、調和のとれたほっそりとして、体高より体長の方が少し長いのが特徴です。毛色は、パーティカラーや、白地にブラックやブラウンなどの斑点があります。斑点の色に制限はありません。

原産国 フランス・ベルギー
体高 20~28㎝
体重 2~3.5㎏
パピオンの犬種データ
訓練しやすさ
(2.0)
吠えやすさ
(2.0)
噛みやすさ
(2.0)
興奮しやすさ
(3.0)
活動性
(3.0)
番犬性能
(1.0)

パピオンの性格

華奢な体格から想像できないほど、やんちゃな性格

パピヨンは、身体が小さく優雅な容姿から静かでおっとりとしたイメージをもつ人が多そうですが、明るく活動的で、元気がいっぱいな特徴があります。好奇心が旺盛で、遊びが大好きです。また、頭が非常によく褒められることが大好きなので、しつけは褒めるのを中心に行うと、うまくいきます。

プライドが高く、自己主張が強いので、甘やかして育てると噛み癖や吠え癖が出やすく小さなころからしつけをしましょう。

小型ながら運動能力が高い!

パピヨンは、小型ながら活発で運動能力が高く、「ピョンピョン」飛び跳ねます。走ったりジャンプが大好きなので、アジリティやフライボールなどのドックスポーツに挑戦するのもお勧めです。ただし、足腰が細く弱いので、脱臼など怪我しない程度にしましょう。

室内や安全な広場で運動させたり、朝夕2回15分から20分程度の散歩に連れて行くとよいでしょう。
パピヨン のしつけの仕方

「しつけ」しだいで全く違う性質に

パピヨンは、人間への攻撃性が強く「しつけ」しだいでは、問題行動に出る可能性があります。

子犬の頃からの「しつけ」のやり方しだいでは、「扱いやすく忠実な犬」になるか、「手を焼く困った犬」になってしまうかが決まります。パピヨンは利口で物覚えが良いので、子犬の頃から基本的なしつけを毅然とした態度ですることにより、飼い主のことをリーダーと認めます。また、家族も同様に一貫性のあるしつけを行いましょう。

人それぞれ、接し方が違うと犬は勝手に順位付けを行い、「お母さんの言うことは聞くけど、お父さんにかみつく」などは、自分の順位を格上げしお父さんは手下と思うのです。

ほめてしつけるのが基本

パピヨンは大変甘えん坊で、飼い主や家族に褒められるのが大好きです。しつけは、基本褒めることを中心におこないましょう。

また、プライドが高く繊細なところもあるので体罰や厳しい叱責は厳禁です。厳しいしつけを行うと逆に反発したり、もうやりたがらなくなってしまい逆効果になってしまいます。

家族に構ってもらえることが、最大の喜びに感じるので、良いことをしたり成功出来たら思いっきり褒めてあげ、悪いことをしたり失敗したら無視をしましょう。このことを繰り返すことにより「悪いこと=無視=構ってもらえない」と関連付けをし、「しつけ」を身に付けていきます。

パピヨン のお手入れのポイント

被毛は毎日入念にお手入れを

長毛のわりに絡みにくい毛質で、比較的に手入れは楽な方です。しかし、美しい被毛を保つためには、毎日のブラッシングが必要です。細く切れやすい毛質なので、ピンブラシやコームでしてあげましょう。被毛は、ブラッシングの手間をかけた分だけ美しくなるものです。首周りや耳、尾の飾り毛は毛玉になりやすいので、特に入念に行いましょう。

シャンプーは定期的(1か月に1~2回)行いましょう。涙やけを防ぐためにも、こまめに涙や目やには拭いてあげましょう。立ち耳は飾り毛に覆われているので、蒸れやすく外耳炎になる可能性もあるので、耳掃除も定期的に行いましょう。

パピヨンがなりやすい病気

パピヨンは、飛びつくことが大好きなので高いところから飛び降りたりします。四肢が細いため脱臼になる可能性が高く、ドックスポーツなどに挑戦する場合は事前に獣医に診察を受け確認を行いましょう。


眼の病気

涙やけ

目やにが溜まっている時や、涙が瞳からあふれているときは、「ウェットティッシュ」や「涙やけシート」などで優しくふき取ってあげましょう。そのまま放置していると、真の周りの被毛が変色する「涙やけ」が発生してしまいます。また、涙と一緒に目やにが出ると目の周囲の皮膚が炎症を起こしかゆみを引き起こします。

 

関節の病気

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

パピヨンは遺伝的に膝のお皿(膝蓋骨)がずれてしまう状態になりやすい犬種です。膝蓋骨を抑える筋肉やじん帯が遺伝的に緩みやすいのです。

飼うときに店員さんに、両親犬や兄弟犬にそのような症状が出ていないか必ず確認しましょう。フローリングや滑りやすい環境で走ったりジャンプしてると、着地したときに脱臼しやすいので、滑らない工夫やカーペットをひくなどして予防しましょう。

脱臼したときの犬のしぐさは、症状が軽いうちは、ほとんど変化は見られません。そして自然にお皿が元に戻るため気付かないケースが多く見られます。症状が進むと片脚でケンケンした歩くようになり、両脚に症状が出るとカエルのような歩き方になります。治療方法は、外科手術が必要になります。歩くごとに確実に症状が悪化するので、早めの発見・治療が必要です。

犬図鑑に戻る

愛犬の皮膚のために『ミネラルスパシャンプー』



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です