バーニーズ・マウンテン・ドッグの外見と性格の特徴 おおらかで陽気な頼れる犬

バーニーズ・マウンテン・ドッグのルーツと歴史

スイスの山岳地帯で活躍したワーキングドッグ

古代ローマ帝国軍がスイスに侵攻した際に連れてきたマスティフ系の犬をスイスに残していきました。その後、スイスの現地の犬との交配の結果誕生したのが、バーニーズ・マウンテン・ドッグの祖先犬だといわれています。

ベルン地方の山岳地帯の農場で番犬や荷車を引く牽引犬、牛追いなどワーキングドッグとして使用されていました。また、犬の群れの番をして移動の際には先頭に立って犬たちを目的の場所へ導きました。「マウンテンドッグ」とは直訳すると山犬ですが、実際は険しい山岳地帯でのワーキングドッグという意味なのです。現在でも、様々な用途の作業犬として活躍しています。

バーニーズ・マウンテン・ドッグ の 外見と特徴

山岳地の荷車引きならではのたくましいボディ

バーニーズ・マウンテン・ドッグの体は、大きくてがっしりとして見るからに頼もしい犬です。中型犬よりやや大きくがっしりとした骨格に十分筋肉が付いていて力強い印象です。三角のたれ耳と濃い茶色でアーモンド形の目、眉毛のような黄褐色の斑がやさしい表情を表しています。

全身を黒色の毛色をベースにつやのある美しい長毛に覆われて白と黄褐色のトライ・カラーになっています。尾はかかとに届くほど長く、飾り気は豊富に生えています。

原産国 スイス
体高 58~74㎝
体重 35~40㎏
バーニーズマウンテンドッグの犬種データ
訓練しやすさ
(2.0)
吠えやすさ
(1.0)
噛みやすさ
(2.0)
興奮しやすさ
(1.0)
活動性
(2.0)
番犬性能
(3.0)

バーニーズ・マウンテン・ドッグの性格

肝っ玉の太いどっしりタイプ

バーニーズ・マウンテン・ドッグの性格は、穏やかで、些細なことにはこだわらなく、冷静沈着で自信家で堂々としています。また、飼い主に対しては、非常に忠誠心が高く、従順な性質を持っています。ただ、べたべたと甘えたり、愛情表現をしてくることはあまりなく、少し物足りないと思うかもしれません。

すこし放っておいても、堂々と佇んでいて非常に楽に付き合えます。子供や老人とでも比較的仲良く付き合うことも出来るほか、他人に対しても友好的です。

飼育には十分な運動を

バーニーズ・マウンテン・ドッグの飼育には、十分なスペースと毎日の長時間の運動が必要です。山岳地で作業をしていた犬なので、出来たら田舎のような起伏があるような道を歩かせてあげたいですが、都会でも飼えないことはありません。しかし、狭い家の中で運動もしないでいると、肥満になったり病気になったりすることもあります。

もともと牽引犬として使用されていたため、タイヤなどを引っ張ったりすることで、有り余ったエネルギーを発散させてあげることが大切です。

プレミアムドッグフード【ナチュロル】


バーニーズ・マウンテン・ドッグのしつけの仕方

褒めてしつけるのがコツ!

バーニーズマウンテンドッグは、自立心が強いのであまり叱ってしつけると、ひねくれてしまい逆効果になることがあります。叱るのは最低限にして、基本は褒めてしつけるとうまくいきます。自分が納得しないと、なかなか言うことを聞かないので、時間が掛かりますが、根気よくしつけていきましょう。

リードの引っ張りに要注意

バーニーズ・マウンテン・ドッグは、穏やかな性質なのであまり問題行動はおこしません。ただ、力が大変強いので、飛びつきやリードの引っ張りには要注意です。頭が良く従順なので、子犬の頃からちゃんとしつけをすれば、あまり問題になりません。。

子犬の頃はやんちゃで悪戯好き

子犬の頃は、大変やんちゃでおちゃめな性質を見せます。いたずらっ子で遊び好き、部屋の中をめちゃくちゃにしたり、飛びつき癖が多く出るケースがあります。子犬の頃からちゃんと教えておかないと成犬になると、力が強く手に負えなくなる可能性もあるので、ちゃんと外に連れ出しいろんな場所へ連れて行ったり、さまざまな人や犬に合わせて社会性を身に付けさせましょう。

バーニーズ・マウンテン・ドッグのお手入れのポイント

毎日のグルーミングが必要

バーニーズ・マウンテン・ドッグの美しい毛並みを保つためには、毎日、ピンブラシで内側までしっかりブラッシングをおこないましょう。特に胸のあたりや耳の内側は毛玉になりやすいので、特に入念に行いましょう。

換毛期には抜け毛が多くなるので、こまめにブラッシングをしてください。垂れ耳は、蒸れやすいので、耳掃除も定期的に行いましょう。

寒さには強い反面、暑さに弱い

バーニーズ・マウンテン・ドッグは、どんな天候でも活動的で寒ければ寒いほど元気に動き回ります。ただ、冬の寒さには強いのですが、夏の暑さには苦手です。夏場の散歩は出来るだけ涼しい時間帯にずらして散歩に行くようにしましょう。

 

犬図鑑に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です