はじめてのしつけ トイレ編 遊びながらがコツ!!

新しい家族がやってきて犬との生活が始まって本当に楽しみですね!犬とのはじめてのしつけをやってみましょう。

犬のトイレトレーニング

トイレトレーニングに限らず、最初が肝心です。すんなり覚えてくれる子もいれば、なかなか出来ない子もいます。犬がトイレでちゃんとできるように根気よく頑張ってください。

犬のしつけの基本

  • 失敗しても怒らない
  • とにかく褒める
  • メリハリをつける。
  • 家族全員が同じ言葉を使う
  • 犬のトイレのしつけ方

失敗しても怒らない

おしっこやうんこを間違った場所でしてしまった時、叱ったり怒鳴ったりしがちですが、絶対に怒らないでください。怒ったりすると、犬はトイレをする行為自体が悪いことだと思ってしまいます。ここは愛犬のためにも我慢して、黙って片づけてください。

失敗したら、黙って片づける。

おしっこするたびに犬に注意したり騒いでいると、犬は遊んでくれてると勘違いします。失敗したら、何事もなかったように片づけましょう。なぜ黙って片づける方がいいかというと、犬は飼い主が自分の行動によって反応があると、構ってもらってると思ってしまうのです。おしっこを失敗すると構ってもらえるのだったら失敗することが悪いこととは気付きません。

無視して粛々と片づけた方が、犬にとっては「なぜ飼い主さんは何も言ってくれないのかな?」という気持ちになります。それを繰り返し犬が気づくまで根気よく片づけるのです。

とにかく褒める

決められたペットーシーツの上で出来た時や、少し失敗したけど、近くで出来た時は、思いっきり褒めてあげてください。

メリハリをつける。

褒めるときは笑顔で思いっきり褒めてください。失敗したときは無言で片づけてください。メリハリをつけると、犬は「褒められる」ということが特別なことになります。

家族全員が同じ言葉を使う

相手が人間だったら、いろんな言葉でも犬は理解できますが、例えば、「いい子だね~」や「よくできたな」とか「かしこいな~」全部褒めてるのですが、犬にとってはいろんな言葉で言われてもわかりません。言葉は統一して使いましょう。

褒めるとき・叱るとき・ケージに帰るとき「ハウス」とか家族皆さんで話し合って犬に使う言葉を統一しておきましょう。

愛犬のトイレで悩んでいた私が、たった7日で、
トイレをしつける事が出来たその秘密は…?

顧客満足度91.2%【犬のトイレしつけ】はコチラ



犬のトイレのしつけ方

  • 手順1
    子犬をお迎えした初日からトイレトレーニングはスタートします。
  • 手順2
    トイレの前にケージ・サークルに入る訓練からスタートします。ほぼ一週間ほどはケージ内で生活をさせ、ケージ内に慣れさせる。
  • 手順3
    少しケージ外に出して15分ほど遊び、トイレシートの周りにサークルを設置して10分ほど休ませます。
    (ケージの種類によってはトイレの場所と生活する場所が分離しているタイプがあります。)
  • 手順4
    排泄をしたらよく褒めてあげ、しなければ繰り返し遊びます。
  • 手順5
    根気よくすることでトイレにおしっこのにおいが付き、トイレですることを覚えていきます。

うまくいかなくても大丈夫!!

犬のトイレトレーニングはなかなかうまくいかないことがあります。ロボットではないので、うまくいかなくて当然です

最初はうまくいかなくても愛情深く楽しんでトレーニングしていけばいつかはできるようになると思います。愛犬の長い人生の中で、トイレトレーニングをするしないでは大きな差が生まれます。根気よく子供のうちから取り組みましょう。

うまくいったら、みんなで褒めてあげてくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です