犬のしつけの方法 本来の性質や性格を理解して効率的なしつけを

のしつけをする前に

犬の社会生活を理解しよう

野生の犬の社会は、完全な独裁主義です。猫を飼った人なら分かるかもしれませんが、野生の猫は基本一匹で生活します。しかし、犬の場合は、必ず集団で行動をして、その集団のちからで自分より大きな獲物でも、協力して狩りをおこなえます。

この野生の犬の社会構造をよく理解することが、犬のしつけにとってもっとも大切になってきます。

犬の社会はリーダーが絶対

犬の祖先と言われる狼や野生の犬は、雄(おす)、雌(めす)それぞれにリーダーが存在します。

そして、群れ全体のリーダーには体力に優れた雄がなることが多く見られます。雄(おす)や雌(めす)は、それぞれはっきりした階級制度を持っています。

犬たちは、階級によって食事や就寝場所などが異なり、下位の犬は、食事も最後で寝る場所も一番外側です。すべてリーダーとその家族が優先で生活をしています。この階級制度が安定していると、群れ内での争いはほとんどありません。完全な上下関係があるからこそ平和が保たれてるのです。

愛犬の無駄吠えで近所迷惑、睡眠不足になっているなら
無駄吠え防止首輪のしつけくん




犬は臆病な動物です。

狼や野生の犬は、とても臆病で一般の人は、とても飼うことはできません。人間がちょっとした動作をとってもすぐに怯えて、その恐怖から噛みついたり攻撃になるからです。

 

なぜしつけが必要なの?犬のしつけの基本の記事はこちら

よく噛む犬は臆病な犬

家で飼うワンちゃんたちも基本は臆病で、よく人を噛む犬は、「攻撃的でこわい!」と恐れられていますが、実は「さまざまなことに怯え、自己防衛のために噛む」犬が多く見られます。

このような性格の犬に対して、噛むから体罰を与えたり脅かすようなことをすると、ますます恐怖感が増し怯えから噛みぐせが酷くなるケースもあります。愛犬の性格を見極めてしつけを行うことが大切です。

次のページは、犬のしつけのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です