赤ちゃん犬(子犬)のしつけ アルファトレーニングの仕方

犬のしつけを始める前にアルファトレーニング!!

子犬が我が家にやって来ました!これからが楽しみですね!

これから、愛犬が人間社会で誰からも愛されるように成長でき、安全に生活できるように赤ちゃん犬をリード(アルファ)していく必要があります。

本格的なしつけをはじめる前に、アルファトレーニングを始めましょう。

アルファトレーニングは子犬から

子犬の頃からアルファトレーニングをちゃんと行っていることで、この先ずっと飼い主さんをリーダとして認識するようになります。子犬の頃からアルファトレーニングを行っていないと、成犬になってからまったく言うことを聞かなかったり、問題犬になる可能性もあります。

また、成犬になってからアルファトレーニングをしようとしても、プライドがある高くなって、しかも力も強くなっているので、噛まれれば大ケガしてしまうかもしれません。アルファトレーニングは子犬のころから行ったほうが、噛まれてもいたくないし、素直なので、すぐにリーダとしてみとめてくれやすいです。
愛犬のトイレで悩んでいた私が、たった7日で、
トイレをしつける事が出来たその秘密は…?

顧客満足度91.2%【犬のトイレしつけ】はコチラ



アイコンタクト

しつけの基本中の基本

ワンちゃんとの間に強い絆を作れます。

★やり方★

  • 手順1
    おやつの準備

    すこしのおやつを用意します。やりすぎは肥満の原因にもなるので、細かく砕いておきましょう。
  • 手順2
    おやつの匂いを嗅がす。

    赤ちゃん犬の鼻先におやつを持っていき臭いを嗅がす。
  • 手順3
    おやつをゆっくり上にあげる
    少しずつ食べ物を上にあげていく。
  • 手順4
    犬と目線を合わす。
    飼い主さんの目線と、赤ちゃん犬の目線上におやつを持っていく。
  • 手順5
    上手くできたら褒めながらおやつを与える
    目があったら、ワンちゃんの名前を呼んで、誉めながらおやつを与える。
  • 手順6
    繰り返し行う。
    何度か繰り返し、飼い主さんと目を合わせると、よいことがあるという事が続けば、赤ちゃん犬は、飼い主さんの目を見ようとします。

次のページは、愛犬のタッチングのやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です