子犬のお迎え ペットショップ?ブリーダー?

あなたの愛犬 どこで探す?

友人や動物保護施設などで、犬を入手する方法はありますが、やはり、ペットショップやブリーダーなどから購入する方法が一般的だと思います。

もちろん、保護施設などで入手することは、大変素晴らしいことで、一匹でも多くのワンちゃんが引き取られることを願うばかりです。しかし、保護施設から引き取る場合は、きちんと理解して飼う必要なあります。それは、こちらに保護されている犬の多くは、飼い主に不当な扱いを受けていたり、人間に対して不信感を抱いていることがあります。

新しく飼い主になる場合は、それまでの境遇を理解し忍耐強くしつけをしながら、私たち人間のことを信頼してもらうことが大切です。

子犬を迎えるときの大切なことの記事はこちら

子犬をペットショップで入手する

ほとんどの方が、ペットショップで入手する場合が多いと思います。ペットショップにいくと、可愛らしい子犬が並んでいます。しかし、ペットショップで購入する際は、いくつかの注意点が必要です。

子犬の可愛らしさだけに目が行きやすいですが、子犬の健康状態や性格をよく確かめないで、飼うようなことをするとあとで後悔することになるかもしれません。ワクチン接種が完了していない子犬は、免疫を持っていないため、感染症のリスクが高く子犬に触れるときも細心の注意を払わないと行けません。(手洗い、消毒)

自由に触れられる環境は、複数の感染症のリスクがあり、またいろんな人に抱っこされることによるストレスで子犬が弱ってしまいます。

次のページは、【ダメ絶対】こんなペットショップはダメ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です