子犬を飼う準備 家に連れて帰ろう!!

ットショップへ子犬を迎えに行こう!!

子犬を連れて帰る日は、お休みの日の午前中が望ましいです。また、少なくとも三日から四日は一日中誰かが家にいて子犬の面倒を見られるようにしましょう。

ハウスの準備はできてますか?

子犬のためのハウス(サークル、クレート)の置き場所を決め準備しておきましょう。また、トイレも同時に用意をしておきます。

子犬は何でも舐めたり口に入れたりします。小さい雑貨や危ないもの、たばこや薬など誤飲の可能性があるものを子犬の届かない場所に置くようにしましょう。また、電線やコンセントなど感電の心配があるものにカバーを付けるなどして、思わぬ事故を防止しましょう。

名前は決めてありますか?


子犬の名前は決めましたか?

これから迎える新しい家族に名前をプレゼントしましょう。お迎えにいったとき新しい名前で呼んであげてください。


犬の名前を決める方法

シンプルな呼びやすい名前

これからずっと呼び続ける名前なので、シンプルで呼びやすい名前が好ましいです。また、子犬も長くて複雑な名前は混乱しやすく覚えにくいため避けましょう。

また、長い名前は途中から省略して呼ぶようになることが多いため、体験型どの名前に反応して良いのか混乱してしまいます。どうしても長い名前になる場合は、省略した名前をあらかじめ家族で考えておき、統一した略章で呼んであげましょう。

子犬をお迎えする方法(当日編)

自動車でのお迎え

子犬を連れて帰る場合、どのような方法をとるでしょうか?一番多いのは、やはり自動車でのお迎えになると思います。

あらかじめ用意したクレートやキャリーにいれて運びます。

多くの子犬は乗り物になれておらず、車の中に吐いてしまいます。まずは、吐かないように、引き取り先に朝食を抜いてもらうようにお願いしておきましょう。

また、おしっこやうんちもしてしまうので、あらかじめクレートやキャリーにトイレシートを準備しておきましょう。万が一、吐いたりお漏らししてしまった場合でも、決して怒ったり騒ぐことはなく、そっと片付けてあげましょう

次のページは、子犬がかかりやすい!?ニューオーナーシンドローム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です