犬を飼う時の必要な費用のこと「ワクチン」や「登録」にかかるお金

愛犬を飼おうとするとき、必ず気になるのが費用のことではないですか?

ペットショップで迎える場合やブリーダーから直接子犬を迎える場合・知人に譲り受ける場合で、初期費用は変わってきますが、毎月の食事代や保険など愛犬が生きていくうえで必ず必要な費用は変わりません。医療費などは、人間の子供と同じぐらいにかかるときもあります。

の飼い初めに必要な費用

最初に必要な費用 

 

犬の生体価格 約10万円~40万円

(犬種・ペットショップによって違います。)

畜犬登録料 約3000円
狂犬病ワクチン 3000円前後

(自治体によって違います。生後90日を超えた犬・一年に一度接種が義務)

混合ワクチン 8000円×2~3回

(生後2か月~4か月の間に免疫抗体をつけるため必要)

合計 約12万円~42万円ぐらい犬種によって違います。)

生体価格

ほとんどはペットショップ・ブリーダーのどちらかで飼われる方が多いと思います。また、犬種によって人気のある種類の子は価格も高騰しているようです。犬種によっては40万円を超えている犬種もあります。

畜犬登録

各自治体で義務付けされていて、犬を飼う場合、狂犬病の予防接種後30日以内に市区町村長に畜犬登録をすることです。

ペットショップでもらい受ける時点では、まだできません。犬が生後90日を過ぎて病院で狂犬病予防接種を受けると、「注射済証明書」を発行してもらえるので、各自治体(市区町村役場・保健所)で畜犬登録の手続きをします。

狂犬病ワクチン

生後91日目以上の犬を所有する場合、狂犬病予防法により、飼い主は狂犬病予防接種を受け、「注射済証明書」の交付を受けなければならないと定められています。一年に一度必ず受けなければいけません。毎年4月~6月に各自治体又はかかりつけの病院よりお知らせが届くと思います。

恐ろしい!!狂犬病の症状と対処法

接種場所

主に動物病院で受けることが出来ます。また、各自治体にて広場や公園で集団接種を受けることが出来ます。自治体から毎年案内が届くと思います。また、市町村役場・保健所等にお問い合わせをすれば、教えてくれます。

混合ワクチン

生まれてすぐの子犬は病気に対抗する抗体が少なく、病気に感染がしやすくなります。そのためワクチン接種が必要です。

子犬がかかる感染症に関する記事はこちら

1回目のワクチン 8-9週齢 お母さんから移行抗体が切れていることを想定した時期
2回目のワクチン 1回目のワクチンから3-4週後 1回目のワクチン接種でまだ抗体が出来ていない可能性があるため、再度ワクチン接種が必要。
3回目のワクチン 14-16週齢 ほとんどの子犬はこの時期で抗体が出来ると考えられています。この時期にワクチン接種をします。
4回目のワクチン 3回目のワクチンから1年後 追加接種にて免疫を強化します。これでワクチンプログラムは完了です。

フィラリア予防薬は毎月必ず必要

フィラリア症というペットにとって大変怖い病気があります。

フィラリア症は蚊に刺されることで感染する寄生虫疾患です。犬の心臓や肺動脈に寄生し、重度の場合心臓の弁などにからまり死亡する場合があります。しかし、フィラリアは予防すれば防げる病気です。

病院等で接種できます。獣医さんに問い合わせてくださいね。

フィラリア予防薬には、飲み薬(錠剤・お菓子のようなもの)・スポットタイプ(皮膚への滴下)・注射 があります。費用は各病院によって違うので、問い合わせてください。怖い病気なので、必ず摂取させてあげてください。

発症したら命の危険が!!フィラリアに関する記事はこちら

ケージ・トイレ等の生活に必要な費用

愛犬を迎えるときに必ず必要なのは、愛犬の家となるケージやトイレ、ベッドが必要になってきます。また、ペットフード・おやつなどが必要になってくると思います。

最初にかかる生活に必要な費用 合計 約2万円~3万円

ケージ・サークル等
1万円~2万円
犬用ベッド
2000円前後
首輪・リード
1000円前後
犬用食器
1000円前後
水飲みスタンド
700円前後
おもちゃ
500円から1000円前後

そのほかにも、毎月にかかる費用があると思います。しかし、ひとつの命を預かるのですから、お金もかかりますよね。これから、たのしい愛犬との暮らしを考えるとお金には替えがたいものがあると思います。

愛犬との充実した暮らしを楽しんでくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です