犬のしつけ 権勢症候群に気を付けて!いつの間にかあなたは手下に!?

権勢本能(けんせい)と服従本能

みきちゃん

最近うちのワンちゃんが家族に吠えるんです!
それは、権勢症候群(けんせい)かもしれないね。

わんこ先生

みきちゃん

権勢症候群?
犬の祖先はオオカミといわれていることは知ってるかな?オオカミは群れで生活をしてひとりのリーダーを中心に群生本能があって、完全な縦社会を作っていたんだよ。

わんこ先生

みきちゃん

リーダーが王様だったんですね。
このような縦社会で、生活する生き物は常にリーダーになりたい権勢本能と、リーダーに従おうとする服従本能の二つを持っているんだ。このような本能は犬にも引き継がれているよ。

わんこ先生

みきちゃん

じゃあ、よく私たちに吠えたりするのは、私たちのことを手下に見ているってことですか?
犬は常に群れの中でリーダーになりたいという権勢本能を持っています。飼い主が犬の要求に答え続けていると、そのうち自分をリーダーだと勘違いし始めさまざまな問題行動を始めます。

わんこ先生

犬の群生本能

犬の祖先であるオオカミ社会では、絶対的リーダーのもと、上下関係のはっきりした群れで生活をしていました。

今の犬にも、その本能が引き継がれています。群れは、一緒に住んでいる飼い主家族です。犬は、常に家庭内でも順位付けをしています。

家庭内での縦社会

例えば、お母さんには吠えないけど、お父さんには吠えたり唸ったりする場合には、お母さんをリーダーとして認識し、自分はその下2番目でお父さんは、手下と見ています。

これは、いつも要求吠えなどに答え、おやつや遊びを与えてやることで自分がその相手にたいして上になったと認識した証拠です。まずは、群れ(家庭内)で飼い主家族が犬よりも順位が上ということをわからせてなければ、問題行動は治りません。

次のページは、あなたの愛犬は大丈夫!?権勢症候群チェックリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です