あっ!子犬がうんち食べちゃった!?食糞の原因としつけの仕方

最近、我が家に迎えた子犬のワンちゃんが「自分のウンチを食べてしまう・・」「なんでそんなもの食べるの!?」と初めて子犬の食糞行動を見た飼い主さんはみなさん驚かれると思います。

なぜ、食糞(ウンチを食べること)をするのでしょうか?そのときワンちゃんに悪影響はあるのでしょうか?今回は、子犬の食糞についてご紹介します。

「食糞」しても叱らないで!!

まず、子犬が「食糞」をしても絶対に叱ってはいけません。本来、愛犬にとって「うんち」「おしっこ」は汚いものではありません。「うんち」を食べてはいけないというルールは人間が決めたことで、犬にとっては、ごく普通の行動です。

それをいきなり叱られたり、大きな声で注意されると「うんこ」「おしっこ」などが悪いことだと思ってしまい、排泄を我慢するようになってしまいます。まず、飼い主さんが、犬にとって「食糞は異常ではない」ということを理解してください。

食糞をやめさせるにはどうしたらいいの?

犬にとって「食糞は自然なこと」だと分かっても、私達人間にしてみれば受け入れづらく、それも愛する愛犬の行動ならもちろん心配ですよね。

では、どうしたらやめらせることが出来るのでしょうか?

フードを変えてみる

ペットフードにはお肉などの美味しい匂いが付いています。排泄された「うんち」にもおいしい匂いがついているのです。犬は美味しい匂いに敏感です。犬にとって「うんち」は汚いものではないので、おいしそうなにおいがすれば食べてしまいます。

まず、ペットフードを変えてみるのもいいかもしれません。

すぐに片づける(行動を観察する)

子犬にとって「うんち」を食べるのが普通になってしまうと、排泄の後、すぐに食べてしまいます。ほんとに一瞬です。飼い主さんは愛犬を観察して「うんち」をする前の行動をよく覚えておいてください。

犬によって違いますが、「少しソワソワする子」や「クンクンと周りの匂いを嗅ぐ」行動が見られます。また、飼い主さんに「今からするよ!!」って教えてくれる子もいます。あとは、排泄したタイミングですぐに片づけてしまってください。

この方法を繰り返すことによって、「食糞の習慣」が無くなったということもあります。子犬なら、「排泄」が終わったタイミングで抱っこしちゃうってのもいいと思います。

食糞防止グッツを使ってみる

「食糞」で悩んでいる飼い主さんは少なくないと思います。そのため、食糞に対するグッツが豊富に販売されています。代表的なものをご紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ウンチを食べる犬に】【食糞防止サプリ】スツールリペルUM 30錠
価格:1620円(税込、送料別) (2018/8/14時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

食糞を抑えるシロップ【トーラス】フンロップ ゴールド30ml
価格:772円(税込、送料別) (2018/8/14時点)

 

食糞を発見しても騒がない

「食糞」は気持ちのいい物ではありません。
ただ、愛犬に「ダメでしょ!!」と叱ったところで、食糞したときは排泄したタイミングでもあるので、「うんち」自体がダメだと言われてるようにしか聞こえません。また、「ウンチを食べた!!」とか大騒ぎすると、その行為で飼い主さんが反応してくれるとわかると、「食糞すると、遊んでくれる」と思い「食糞」がエスカレートします。

まとめ

食糞は犬が持った本能なので、ゆっくり時間をかけて見守りながらやっていくしかないと思います。無理にやめさせようとしてトラウマになってしまうケースもあるので慎重に行っていきましょう。
ほとんどは子犬の頃だけで成犬になれば治るケースが多いですが、ずっとづづくようであれば、獣医さんに相談を仰いでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です