飼い主さんはもっと知ってほしい!!犬の気持ち 「手を噛む」「ちょうだい」編

なたは気づいてる!?愛犬の気持ち

犬はさまざまな表現で飼い主さん家族に気持ちを伝えてきます。

時に、飼い主さんが困ってしまうような行動も起こします。ただ、犬は飼い主さんを困らそうとやっていることではないかもしれません。犬の行動から、本当の気持ちを読み取って接することで、さまざまな「問題行動」や「病気」や「トラブル」にも柔軟に対応することが出来ると思います。

どうしてそんなに手を噛むの?

愛犬と遊んでいるとき、手を軽く噛まれることはありませんか?本気ではないので、そんなに痛いことはないとは思いますが、特に子犬は犬歯が細く鋭いので当たり方によっては結構痛いこともあります。

まるで、飼い主さんの手を狙ってくるように執拗に噛む子もいます。せっかく可愛がっているのになぜ噛むのでしょうか?この子は私のこと嫌いなのでしょうか?ワンちゃんの甘噛みには、様々な気持ちが隠されていると言われています。

甘噛みするときの愛犬の気持ち

犬の気持ち 「遊んでくれるの!!うれしい!!」
「もっともっと遊ぼうよ~!!」
「甘噛み」は甘えからくる行動。通常、親犬と一緒に生活をしている子犬は、お互いに甘噛みをして愛情を伝えています。しかし、時に愛情が強すぎて興奮してしまうと、無意識に噛む力が強くなってしまいます。
犬の気持ち 「歯の付け根が痒いよ~」
「なんかムズムズする~」
子犬の場合、永久歯の生え変わりの時期は甘噛みが激しくなる時があります。生え変わりの時期は歯がうずいて、「痒い(かゆい)」「ムズムズする」の症状が起こります。それを解消したくて、「何かを噛んで抑えたい!!」という気持ちの表れの時もあります。

歯の生え変わり時期なら、おもちゃを与える。

生え変わりの時期だったら、安全なかじりやすいおもちゃを与えることで解消できることがあります。手を噛むタイミングで交換しおもちゃのほうを噛ませましょう。

 

「甘噛み」はダメだとわからせる。

わんちゃんにとって甘噛みは「甘え」や「愛情表現」「かゆみ解消」の行動なので、悪気はないのですが癖にしてしまっては、問題行動を起こしかねません。「甘噛み」は、子犬のころからちゃんと「しつけ」をしてダメだということを教えてあげましょう。

なるべく興奮させない

ワンちゃんは興奮すると「歯」を立てやすくなります。噛まれる前に「噛まれる気配を察知して落ち着かせること」が理想です。興奮してきたなと感じたら、遊びをいったん中断するか、手を引っ込めてください。

ペットボトルで大きな音を出す

噛まれたときは、大きな音でびっくりさせてください。ペットボトルに石をいれて振ることで大きな音が出るのでお勧めです。そして、噛まずに遊べたら思いっきり褒めてあげてください。わんちゃんにとって噛むことは悪いことではないのですが、「噛んだらびっくりする音がする!!」でも、噛まなかったら褒められるを繰り返すと、噛まないほうが褒められるんだ!!ということを学習してくれます。

次のページは、おもちゃを咥えたら離さない時の対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です