子犬のブラッシングとお手入れ「シャンプー」「耳掃除」の仕方  

愛犬がずっと健康に暮らすために、お手入れは大切なケアです。特に子犬の間は注意しないといけない点がたくさんあります。今回は、子犬のお手入れのことをご紹介します。

さい頃から触られることに慣れさせる。

愛犬のお手入れをするのに、必要なのは身体の隅々まで触っても嫌がらない信頼関係を築くことが必要です。頭や背中ならほとんど触らせてくれると思いますが、耳・顔・口元・お腹・お尻など触られると嫌がったり、怒って噛みついてくる子もいます。

小さい頃からいろんなところを触ってあげて触られることに慣れさせてください。お手入れをするときも怖くないというイメージを持たせてあげることが大切です。

グルーミングは愛犬の体調管理

グルーミングとは、「愛犬のお手入れ」のことです。体全体を健康に保つために、愛犬と触れ合うことで信頼関係が生まれ、また、触れることで異変を見つけ、愛犬の健康をチェックすることが出来ます。

ブラッシング

ブラッシングには毛並みを綺麗に整える効果はもちろん、ノミダニを掻き出したり、皮膚の健康チェックができるメリットがあります。また血行が良くなりますので、皮膚炎を予防できます。特に換毛期(かんもうき)には、季節によって毛の量が変わり生え変わりが激しくなるので、ブラッシングが重要になってきます。

 

ブラッシングは楽しいことと思わせる

ブラッシングは飼い主と愛犬がスキンシップを取る大切な時間です。愛犬のけんこうのためにも、ブラッシングは毎日行いたいことです。大事なことは、ブラッシングを嫌いにならないことが重要です。毎日少しづつ徐々に慣らしていきましょう。そして、「ブラッシングは楽しい」ということを体験させてください。

犬は、頭が大変良いです。いろんなことを覚えています。それは嫌な思い出もです。無理やりブラッシングをしたり、強く当たりすぎて痛い思いをすると、お手入れ行為を嫌いなことになってしまいます。焦らずゆっくり、おとなしくしていたらたくさん褒めてあげてください。

ブラッシングの道具紹介

ブラッシングといっても、犬種によってブラッシングのやり方、道具がいろいろあります。

ピンブラシ 長毛種の犬種に適しています。
 
「ペキニーズ・パピオン・ポメラニアン・マルチーズ・シーズー・キャバリア・スピッツ・ヨークシャーテリアなど」ロングコートの犬種に最適です。

長毛種は毎日ブラッシングする必要があります。ピンブラシはピンが大きいため、スリッカーブラシに比べ皮膚への負担が少ないため、初心者向きだといえます。マッサージ効果があるので、毎日のブラッシングで、ワンちゃんとコミュニケーションを図りましょう。

スリッカーブラシ
スリッカーブラシとは本来、「羊の毛」をとく道具でした。

大変万能でスリッカーブラシがあるだけで、普段のお手入れから毛のトラブル処理まで万能に対応してくれます。毛玉・死毛を取り除くにもスリッカーブラシが最適です。犬種によって換毛期があり、その間に抜け落ちる毛の除去に最適です。スリッカーブラシは力入れすぎると、ワンちゃんの皮膚を傷めてしまうので、手首を動かして、ゆっくりとかけてあげましょう。

次のページは、犬のシャンプーの仕方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です